加古川東市民病院の基本求人情報

病院名 加古川東市民病院
住所 兵庫県加古川市平岡町一色797-295
病床数 206床
看護師数 200人
交通 JR東加古川駅から徒歩約15分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給大学卒216,094円、短大3卒210,017円、短大2卒204,249円
賞与 年2回
手当 夜勤手当、当直手当、残業手当、通勤手当、住宅手当(27,000円まで)、家族手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時、準夜勤午後4時30分から深夜1時、深夜勤深夜0時30分から午前9時
二交替制:日勤午前8時30分から午後5時、夜勤午後4時30分から午前9時30分
休日・休暇 4週8休で年間休日125日、年末年始休暇(6日)、夏期休暇(5日)、慶弔休暇など
福利厚生 各種社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)など
看護師寮 あり
託児所 あり(業務提携している保育サロン「チャイルドハート」で生後2ヶ月から小学校入学前までを対象に月極め保育と一時保育)

採用活動は、地方独立行政法人加古川市民病院機構が管轄する医療機関について一括で進めています。増員する方針をとっているため、入職希望者からの応募は随時の受け付けが行われています。

スタッフの体制を充実させるべく、採用されると交替勤務へ対応することが求められ夜勤にも就かなければなりません。

ただし、パートとしての非常勤職員であれば、勤務時間についても相談することができるようになっています。

加古川東市民病院の教育制度

新卒で現場に入ってもスムーズに実務へあたることができるよう、充実した研修体制が整えられています。

もちろん中途入職者としてスタッフへ加わった場合についても、担当するプリセプターによるフォローを受けることが可能です。

また、ラダーにもとづいた学習ではレベルIで患者さんの日常生活をサポートするために必要なことを習得し、レベルIIになると個別のケアに加えて状況を鑑みての判断力なども伸ばしていきます。

レベルIIIでは後輩を指導する力やリーダーシップも備えるべく取り組み、レベルIVでは存分に専門性を発揮することができるようにします。

そのほか院内外で行われる研修への参加支援もあり、看護協会などが主催している研修を受講するための費用は病院で負担しています。

加古川東市民病院の特徴

加古川市を含めた東播磨医療圏域において、チーム医療で急性期病院としての役割を果たしています。

2013年には地域医療支援病院として承認を受けていて、各種の医療機関や介護施設とも協力しながら地域一体となっての医療を模索しています。

24時間365日体制の心臓血管センターとして機能していて、循環器系の疾患については特に信頼が高くなっています。

小児先天性疾患への形成外科的治療、心房中隔欠損症や閉塞型肥大型心筋症などといった構造的心疾患に対するカテーテルインターベンション治療などあらたな領域へかかわる治療にも積極的に取り組んでいます。