兵庫県立西宮病院の基本求人情報

病院名 兵庫県立西宮病院
住所 兵庫県西宮市六湛寺町13-9
病床数 400床
看護師数 430人
交通 阪神西宮駅から徒歩約2分、阪神バスか阪急バスに乗車し県立西宮病院前停留所で下車して徒歩1分から2分
車通勤 不可
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給218,093円から
賞与 年2回
手当 住居手当(28,000円まで)、通勤手当、地域手当、夜勤手当、夜間看護手当、超過勤務手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 年次有給休暇(20日)、夏季休暇(5日)、育児休業(3年まで)、結婚休暇、出産休暇、子育て支援休暇、ボランティア休暇、介護休暇、忌引き休暇など
福利厚生 共済組合、宿泊施設の割引制度、レジャー施設の割引制度など
看護師寮 あり(ワンルームタイプ、寮費3,800円から4,800円)
託児所 あり(院内保育所)

正規職員の採用

兵庫県が、県の職員として一括で採用しています。試験に合格すると兵庫県内にある県立の病院や施設へ配属されるため、勤務先はほかの職場になる可能性もあります。

臨時的任用職員

おもに常勤のスタッフが産前産後休暇や育児休暇、病気にともなう休暇を取得するなどして長く働くことのできない状況となっている場合に募集しています。

任用期間は基本的に1年間で、育児休業の代替勤務については延長される可能性が高く最長で3年となっています。三交替制で、1週間あたり40時間の勤務となっています。給料や待遇などは、正規職員に準じています。

兵庫県立西宮病院の教育制度

県立病院看護師キャリアラダーに沿うかたちで、適切な看護の実践を目指していきます。新人のうちに行われる基礎看護技術研修や新人リフレッシュ研修ではほかの施設からも研修生を受け入れていて、同僚以外とも交流する機会になります。

ラダーIでは多重業務研修や病棟ローテート研修など、ラダーIIからはリーダーシップ研修や新卒対象プリセプター意見交換会なども行われます。ラダーIII以降ではナレッジ交換会、さらに時間外研修として急性期医療に役立つスキルを磨く研修もあります。

兵庫県立西宮病院の特徴

1936年に、兵庫県立西宮懐仁病院として設立されました。1961年に、総合病院として承認されています。

また、2003年に指定を受け、研修医の受け入れ病院になっています。患者さんも、臨床研究に協力しています。