国保日高総合病院の基本求人情報

病院名 国保日高総合病院
住所 和歌山県御坊市薗116番地2
病床数 404床
看護師数 165人
交通 JR御坊駅から車で約7分、紀州鉄道きい御坊駅から徒歩約3分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 初任給四大卒203,900円、三年卒198,300円、二年卒188,900円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 夜勤手当、宿日直手当、超過勤務手当、通勤手当、扶養手当、住居手当、期末手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 週休二日制、夏季休暇、年次有給休暇(20日)、特別休暇など
福利厚生 各種社会保険など
託児所 なし

定期的に職員の募集が行われていて、看護師免許を取得しているか取得する見込みとなっていて30歳未満であることが応募条件となっています。

問い合わせや申し込みにあたっての担当窓口は庶務課となっていて、採用されると地方公務員としての待遇になります。

申し込みにあたっては履歴書のほか卒業証明書か卒業見込証明書に加えて成績証明書と経験者であれば看護師免許のコピー、資格取得見込みであれば成績証明書が必要です。

なお就業希望を前提として、看護学校で学ぶ期間にわたり1ヶ月につき5万円が貸与される修学金制度も設けられています。

国保日高総合病院の教育制度

継続教育の体制づくりには2009年から力が入れられていて、新人から中堅のキャリアへ至るまでは系統立てられた研修を受講することができるようになっています。

新人研修についてはそのとき限りでなくフォローアップも必須のものとなっていて、反復的に学ぶことが可能です。

継続教育では、看護の実践だけでなく管理や教育、研究といった活動にも必要とされる知識と技術を身につけるためのステップ教育があります。

新人研修が行われるステップ1から段階的に学んでいき、設定されている到達目標をクリアしながらキャリア10年目以降を対象とするステップ5まで教育は続いていきます。

国保日高総合病院の特徴

1949年に開設されてから規模を年々拡大させていき、2014年には人材育成の目的で日高看護専門学校も設立されました。

現在は、御坊市のほか美浜町や日高町などの5ヶ町からなる病院経営事務組合が運営にあたっています。

がんや脳卒中、急性心筋梗塞などといった5疾病に対する診療の強化が進められているとともに2014年からは在宅医療連携拠点事業もスタートしています。

また地域連携室が中心となって、地域に立地している各医療機関との病診連携も進められています。