熊本市民病院の基本求人情報

病院名 熊本市立熊本市民病院
住所 熊本県熊本市東区湖東1丁目1番60号
病床数 556床
看護師数 438人
交通 熊本市電に乗車して神水・市民病院前停留所で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 206,800円から
賞与 年2回(4.1ヶ月分)
手当 夜勤手当(準夜勤は1回につき2,900円、深夜勤は1回につき3,300円)、住居手当(27,000円まで)、業務従事手当(12,000円)など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 四週八休制、年次有給休暇(1年につき20日)、病気休暇、子の看護のための休暇など
福利厚生 各種社会保険(厚生年金保険、健康保険、雇用保険、労災保険)、退職金制度、認定看護師資格取得支援制度など
看護師寮 あり(1Kの単身者用宿舎で寮費は1ヶ月につき12,000円)
託児所 あり(徒歩3分の職員専用院内保育所「ことことらんど」で0歳から未就学を対象に毎週月曜日から土曜日の午前7時30分から午後6時30分で対応)

臨時職員の募集について

臨時職員については随時の募集が行われていて、ホームページ上に設けられている応募フォームか電話で応募することができます。

電話は毎週月曜日から金曜日の午前9時から午後4時の間で受け付けられていて、応募フォームでは資料請求だけをすることも可能です。

病棟や救急外来のほかHCU、ICUなどで夜勤にも対応することができる場合には日給10,000円のほか夜勤手当なども支給されます。

同じ部署では日勤限定の勤務も許容されていてこの場合の給与は日給で9,200円となり、いずれについても院内で実施されている医療安全や感染対策などに関する研修や勉強会へ参加することも可能です。

熊本市民病院の教育制度

スタッフそれぞれが自分のレベルに見合った目標を設定し、確実に達成することができるような体制が整えられています。

新人のうちにはプリセプター制度のもと、各人を担当する教育者がこまかなところまで丁寧な指導にあたっています。

キャリアアップへ向けて5段階に分かれたレベルが設定されていて、新人のレベル1に始まり2年目のレベル2から3年目のレベル3を経て5年目でレベル4へ進み、10年目にレベル5まで到達することが達成目標となっています。

それとともに中途入職のスタッフに対してもしっかりフォローする体制があり、OJTをはじめとして院内外で行われている研修や講習会へも参加することができるようになっています。

熊本市民病院の特徴

1946年に開設されてから地域のニーズに応えるべく施設を充実させてきて、30を超える診療科が備えられるまでになりました。

総合病院として超急性期に始まり急性期から慢性期に至るまで幅広い対応をしていて、中核病院の役割を担っています。

がんや生活習慣病のほか周産期母子医療、救急医療といった分野で特に力を入れていて、院内に置かれている総合周産期母子医療センターでは出産はもちろん重い疾患に苦しむ赤ちゃんの治療などにもあたっています。

また第2種感染症指定病院や感染症指定医療機関としても指定されていて、高いリスクがともなう感染症にも万全の体制で対応しています。