香川県立白鳥病院の基本求人情報

病院名 香川県立白鳥病院
住所 香川県東かがわ市松原963
病床数 150床
看護師数 92人
交通 JR高徳線讃岐白鳥駅から徒歩2分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 初任給2年卒188,900円、3年卒198,300円、大卒203,900円
賞与 年2回
手当 特殊勤務手当、扶養手当、通勤手当、住居手当、時間外勤務手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時、深夜勤深夜0時30分から午前9時
休日・休暇 4週8休
福利厚生 地方職員共済組合など
看護師寮 なし
託児所 なし

香川県で実施している県立病院全体での年次募集に応募した場合、香川県の職員という身分になります。香川大学教育学部が試験会場となっていて第一次選考として筆記試験が行われた後、合格すると第二次選考として適性検査と面接が行われます。

臨時職員の募集

産休や育休で休んでいるスタッフなどを補充する目的で、不定期に実施されています。イレギュラーな募集であるため、詳細については直接問い合わせる必要があります。

香川県立白鳥病院の教育制度

新任教育とキャリアアップ支援が、2本の柱になっています。絶え間なく学習が継続されるよう、多くの研修が用意されています。

新任教育は、集合研修が県立病院による合同で行われているほか、プリセプター制度のもとで新人と先輩がペアになって看護へあたります。実践に不安があってもプリセプターに相談することができ、基礎技術も確実に高まっていきます。

さらに、各自の能力に合わせて、研修が設けられています。クリニカルラダーのもとで、課題を把握しながら自発的に学びます。

また、認定看護師教育課程や香川県保健師助産師看護師実習指導者研修など、長期間にわたって実施されている派遣研修を受講することが可能です。また呼吸療法認定士やACLSプロバイダーなどといったように看護と関連する資格を目指すにあたっても、支援を受けることができます。

香川県立白鳥病院の特徴

教職員結核療養施設として、1953年に発足しました。2010年には、新病院になって開院しています。

香川県がん検診精密検査協力医療機関や、香川県肝疾患専門医療機関として機能しています。また救急告知病院や広域救護病院、へき地医療拠点病院としても指定を受けています。