長崎県五島中央病院の基本求人情報

病院名 長崎県五島中央病院
住所 長崎県五島市吉久木町205番地
病床数 304床
看護師数 150人
交通 長崎空港からオリエンタルエアブリッジで約30分、長崎港からフェリーで約3時間半、福江港ターミナルから約10分、福江空港から約15分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給188,900円から
賞与 年2回(4.1ヶ月分)
手当 期末勤勉手当、宿日直手当、住居手当、通勤手当、扶養手当、地域手当、時間外手当、夜勤手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時30分から午前9時30分
休日・休暇 年次有給休暇、年末年始休暇、夏季休暇、病気休暇、療養休暇、忌引き休暇、結婚休暇、産前産後休暇、育児休暇、子の看護休暇、介護休暇、リフレッシュ休暇など
福利厚生 地方公務員共済組合、被服貸与、地方公務員災害補償法、退職金制度、子育て支援制度、奨学金制度など
看護師寮 あり
託児所 あり

非常勤として勤務する職員は、時期を問わずに募集されています。応募を受けての採用試験も、随時実施されています。

採用にあたっての条件や採用試験の内容については、年度別採用による入職者と同様です。ただ基本給は、経歴や持っている資格に応じて追加で加算されます。

長崎県五島中央病院の教育制度

新人看護職員ガイドラインのもと、新人研修やラダー教育が行われています。レベルアップをしていきたいにもかかわらず、離島の医療機関であるために断念せざるを得ないという状況を避けるべく支援体制が整えられています。

また、衛星放送研修やオンライン研修など、離島ならではという研修体制もあります。院内から島外で実施される研修への参加にあたっては休暇などで支援していて、島内へ講師を招いての講座といったことも行われています。

救急分野では一時救命処置や初期医療研修、また看護展開で必要な看護記録や看護研究などに関する研修も行われています。看取りの看護に必要な実践力や心の教育を目的として、エンゼルケア研修といったものもあります。

長崎県五島中央病院の特徴

地域から必要とされる医療を提供するとともに周辺諸島のへき地医療にも対応していて、五島列島全体の基幹病院となっています。あらゆる年齢や健康段階にある人へ向けて、健康管理に貢献しています。

政策医療ではがんや精神疾患、結核などに対応しています。それとともに島内の急患を積極的に受け入れていて、対応が難しい場合にはドクターヘリで適切な医療機関で搬送すべく調整にあたっています。