兵庫県立塚口病院の基本求人情報

病院名 兵庫県立塚口病院
住所 兵庫県尼崎市南塚口町6-8-17
病床数 400床
看護師数 286人
交通 阪急塚口駅から徒歩約10分、JR塚口駅から徒歩約15分、JR立花駅から車で約10分、JR尼崎駅から車で約10分
車通勤 不可
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給218,093円から
賞与 年2回
手当 住居手当(28,000円まで)、地域手当、夜勤手当、夜間看護手当、超過勤務手当、通勤手当、特殊勤務手当、住居手当、扶養手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 年次有給休暇(20日)、夏季休暇(5日)、結婚休暇、忌引休暇、子育て支援休暇、ボランティア休暇、介護休暇、育児休業など
福利厚生 共済組合、宿泊施設の割引利用、会員宿泊施設の利用、レジャー施設の割引制度、納涼会、職員の親睦会、深夜勤と準夜勤の送迎用タクシーなど
看護師寮 あり(病院から1km弱に6畳和室のワンルームマンションでキッチン・トイレ・浴室・押し入れあり、寮費9,600円)
託児所 あり(院内保育所)

正規採用者の募集

兵庫県が、看護師等採用候補者選考試験を実施しています。この試験で採用されると兵庫県の職員として、県内にあるさまざまな県立病院のいずれかへ配属されることになります。

中途採用者の臨時募集

随時の応募を受け付けていて、原則は常勤で3交替制の勤務になりますが希望すればパート勤務をすることもできます。特に小児看護や小児救急集中ケア、小児血液腫瘍疾患看護、母性領域看護といった分野で経験や興味がある人を歓迎しています。

配属先は希望に応じて外来や病棟などをある程度まで選ぶことができ、勤務時間帯についても日勤や夜勤で専従といった働き方が可能です。待遇や福利厚生は、勤務体制にかかわらず同様です。

兵庫県立塚口病院の教育制度

カリキュラムとしてはパワーアッププログラムで着実にキャリアを積み、キャリアチャレンジプログラムで主体的に挑戦していくという二重の構造になっています。新人に対しては、キャリア開発ラダーに沿った教育が行われます。

「たけのこ型キャリアパス」としてすべてのスタッフが常に成長することのできる環境が志向されていて、新卒者への教育は新人コースからスタートしてラダーIVコースまでが設けられています。

既卒者や中途採用者に対してはプリセプターの支援があり、職場への適応を助けています。

その後も、レベル別のステップアップ教育や段階別教育を通じて成長していきます。春の新任看護職研修に始まり夜勤準備やフォローアップ研修など年間を通じてさまざまな研修が行われていて、冬には看護観を形成して看護技術のお披露目会もあります。

兵庫県立塚口病院の特徴

前身は、1953年に開設された県立尼崎病院塚口分院です。1970年に総合病院となり、2006年には地域周産期母子医療センターを開設しています。

ほかの医療機関や保健施設、福祉施設とも連携しながら良質な医療を提供してきました。糖尿病教室や動脈硬化予防教室、更年期教室など患者さんのくらしを支える各種教室も開催しています。