岩国市立錦中央病院の基本求人情報

病院名 岩国市立錦中央病院
住所 山口県岩国市錦町広瀬1072-1
病床数 58床
看護師数 31人
交通 錦町駅から徒歩約15分
車通勤
カルテの種類 紙カルテ
給与 初任給4大卒188,900円、短大3卒188,900円、短大2卒180,500円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 夜勤手当、住宅手当(27,000円まで)、通勤手当(50,000円まで)、扶養手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時から午後4時45分、夜勤午後4時から午前9時30分、遅勤午前11時から午後8時
休日・休暇 4週8休、リフレッシュ休暇など
福利厚生 退職手当、山口県市町村職員共済組合、育児休業、介護休業、職員互助会
看護師寮 なし
託児所 なし

常勤スタッフの募集

選考にあたっては小論文試験を経て面接を受けることになり、合格すると岩国市の職員として採用されることになります。

募集があるときには市のホームページでも情報が公開され、問い合わせについても市の職員課宛てとなっています。

パートスタッフの募集

随時の募集が出されていて、選考については面接と適性検査によって合否が決定されています。

こちらは病院による独立した募集となっていますので、問い合わせも直接行うことになります。

岩国市立錦中央病院の教育制度

いつも笑顔で思いやりのある対応によって信頼が得られるスタッフを目指すべく、教育の体制が整えられています。

地域においては医療の中心を担っている医療機関であることもあり、それぞれのスタッフが知識や技術を確実に深めるために教育でステップアップしていくための支援が行われています。

さらに、スタッフ各自が専門職として学ぶべき内容について考慮した上で院内研修が計画されていて、院外研修にも希望すれば積極的に参加することのできる環境が用意されています。

技術や知識はもちろんですが、いち社会人として身につけておくべきマナーや接遇の部分も働きながら習得することのできるような指導が行われています。

規模が小さいため現場では専門分野へ特化するのではなく、幅広い処置や検査にも対応しなければなりません。

業務の全体について理解するための学習機会が豊富であり、就業時の態度や身だしなみについても先輩がしっかり指導しています。

岩国市立錦中央病院の特徴

1955年に錦町国保病院として誕生し、2006年に岩国地域で8つの市町村が合併したことから現在の名称へと改称されています。

岩国市の北部において中核病院としての役割を果たしていて、地域医療のさらなる充実へ向かって診療にあたっています。24時間365日の診療体制を整えていて、初期診療から慢性期診療にまで幅広く対応しています。