三重県立志摩病院の基本求人情報

病院名 三重県立志摩病院
住所 三重県志摩市阿児町鵜方1257
病床数 一般250床、精神科100床
看護師数 要確認
交通 近鉄志摩線横山駅から徒歩約3分、近鉄志摩線鵜方駅から徒歩約15分、三重交通バスに乗車し志摩病院前停留所で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 271,800円から336,600円
賞与 年2回
手当 職務手当(15,000円)、夜勤手当(12,000)、地域手当、特殊勤務手当、住宅手当、家族手当、通勤手当(50,000円まで)など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時、準夜勤午後4時30分から深夜1時、深夜勤深夜0時30分から午前9時
休日・休暇 週休2日制、年次有給休暇、年末年始休暇(6日)、夏季休暇(5日)、育児休暇、慶弔休暇(1日)など
福利厚生 地方職員共済組合、地方公務員災害補償基金、退職金制度、親睦会、スポーツ大会、旅行、文化・体育クラブ活動補助金制度など
看護師寮 あり
託児所 あり(院内保育所ひなたぼっこ)

看護職への応募は正職員と臨時職員のそれぞれで、随時受け付けられています。経験などは問わず新卒者から既卒者まで、応募することができます。

正職員は給料や待遇、勤務形態などが年次採用の職員と変わりません。臨時職員ですと給料は時給制で看護師が1,370円から1,650円、准看護師が1,070円から1,310円となっているほか月に50,000円までの通勤手当とボーナスも支給されます。

臨時職員の勤務形態については、日勤限定となっています。午前8時30分から午後5時までの間で、1日に6時間程度の勤務です。

三重県立志摩病院の教育制度

病院の性質に合わせて効果的に人材を育成すべく、独自の志摩ラダーシステムにもとづいた教育を進めています。臨床実践能力をバランス良く習得するために計画されている教育プログラムの柱は実践、教育、管理、研究、態度・対話という5つです。

志摩ラダーシステムには、経年別とレベル別でステップIからIIIのほかジェネラリストとなるステップIVやスペシャリストとなるステップS、マネージメントを内容とするステップMに加えてトップマネージメントを内容とするステップTMもあります。継続的なスキルアップやキャリアアップが、可能になっています。

新入職員にはOJT支援体制として、パールサポートシステムが取り入れられています。相談役となるパールシスターが、メンタル面をフォローします。

三重県立志摩病院の特徴

1948年に発足して以来、志摩地域を代表する総合病院として地域医療に貢献してきました。2012年からの指定管理者は、地域医療振興協会です。

地域の総合医療や救急医療、また診療所や介護施設などと連携しての包括的な医療サービスも提供されています。志摩地域においては唯一精神病床を備えていて、精神疾患の診療にも力が入れられています。