亀岡市立病院の基本求人情報

病院名 亀岡市立病院
住所 京都府亀岡市篠町篠野田1-1
病床数 100床
看護師数 64人
交通 JR馬堀駅から徒歩約5分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 308,200円から377,300円
賞与 年2回
手当 資格手当、勤務手当、夜勤手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時、夜勤午後5時15分から午前9時15分
休日・休暇 4週8休制
福利厚生 各種社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)など
看護師寮 なし
託児所 なし

医療機関としての規模はそれほど大きくないため、それほど多くのスタッフが募集されることはありません。必要に応じて不定期で、非常勤や臨時の職員として若干名という枠で求人が出されています。

募集が実施されているかどうかの確認については、総務課宛てに直接の問い合わせをしなければなりません。臨時採用者の選考においては書類選考が行われた上で、通過すると面接を受けることになります。

亀岡市立病院の教育制度

入職するとすぐに新人看護職員研修が行われ倫理観や患者さんに対する考え方、組織人としての心構えといったようにスタッフとして働いていく上で基本的な姿勢を身につけた上で現場に出ます。

実務では先輩が教育担当となるほか、チームの一員として職場でしっかり役割を担うことができるところまで部署の全員がサポートしながら指導します。

院内研修では、全体のレベルアップを目指した教育計画が立てられていて、その内容に合わせて学習会を実施しています。

さまざまな技術に関する研修やそれぞれの専門分野に特化した研修など、内容は多岐にわたっています。

院外研修では、外部の医療機関が主催している講演会や研修会などに参加することができ、各自が設定している目標に関係する研修や学会についても自己申請で参加することができます。

意欲を持った看護師を亀岡市立病院では支援しますので、希望に応じて院外教育を受けられるようなサポート体制も撮られています。

認定看護師を目指す看護師など、専門能力を伸ばしたいと考えている看護師に対しては、認定看護師教育課程の派遣や専門領域の講習会、他の施設での臨床研修についても、参加することが出来るように職場の環境を整えています。

亀岡市立病院の特徴

亀岡市立病院は平成16年に開院しました。京都のベットタウンである亀岡市の地域医療を支えるために、充実した医療を提供できるよう、病院は整備されています。

地域の人々が親しみやすい病院であるとともに、専門性のある高度な医療を提供できるよう、地域の連携を深めつつ亀岡市の健康維持に努めています。

現在は、京都府立医科大学で密接な関係を持ち、病院機能も充実しています。

亀岡市立病院の理念は、急性期医療を中心とした適切で良質な医療を手供すること、患者様の権利を尊重した患者中心の医療を行うこと、地域に求められる救急医療、高度医療に取り組むこと、そして公共性と経済を考慮した信頼を得られる病院運営を行うことです。