公立松任石川中央病院の基本求人情報

病院名 公立松任石川中央病院
住所 石川県白山市倉光3丁目8番地
病床数 305床
看護師数 320人
交通 JR松任駅から車で約5分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 176,000円から
賞与 年2回(3.6ヶ月分)
手当 通勤手当(55,000円まで)、夜勤手当、夜間看護手当、時間外手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜1時30分から午前9時15分
休日・休暇 週休二日制で年間休日120日、有給休暇(20日)、育児休暇など
福利厚生 各種社会保険など
看護師寮 なし
託児所 なし

正規職員の採用

白山石川医療企業団が職員採用試験を実施していて看護師免許を持っているか取得見込みとなっているほか土曜日や日曜日、祝祭日にも出勤することが応募条件となっています。

専門試験と作文試験からなる第1次試験、通過後には面接試験の第2次試験が行われて採用されると公立つるぎ病院を加えたいずれかが配属先となります。

臨時職員の採用

病院で独自に募集を出していて、常勤としての希望であれば夜勤にも対応することができなければなりません。

パート職員としての非常勤勤務であれば日勤専従、夜勤専従といった働き方を選ぶことも可能です。

公立松任石川中央病院の教育制度

新人の支援

サポート体制としてプリセプター制が導入されていて、教育研修部と看護部が連携してのフォローが行われています。

新規採用者研修や基礎看護技術研修はもちろん、1年ごとに区切られた教育で期末には次年度に取り組むべき課題を明確にします。

継続教育の体制

クリニカルラダーに準じたものとなっていて、個別に目標を設定しての自己啓発を軸として職場が支援するようになっています。

より専門的な認定看護師を志すといったキャリアアップへ向けても、資格取得支援体制があります。

公立松任石川中央病院の特徴

1948年に石川郡中央病院として開設され、1989年になって現在地への新築移転がなされ現在の名称へ改称されました。

新築された際には病室を中心に木製品が多く取り入れられるなど、リラックスした空間づくりもなされています。

白山石川において、周辺の医療機関とも連携しながら急性期医療を中心とした中核病院として機能しています。良質な医療を提供しているとともに、包括的な地域医療を実現させることにも努めています。