長崎県対馬いづはら病院の基本求人情報

病院名 長崎県対馬いづはら病院
住所 長崎県対馬市厳原町東里303-1
病床数 199床
看護師数 要確認
交通 対馬空港からタクシーで約20分、厳原港より徒歩約6分、タクシーで約1分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給186,700円から
賞与 年2回
手当 期末勤勉手当、住居手当、通勤手当、扶養手当、時間外勤務手当、夜間勤務手当、夜間看護手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 完全週休二日制、有給休暇(20日)、年末年始休暇(6日)、夏季休暇(3日)、誕生日休暇、病気休暇、療養休暇、結婚休暇、産前産後休暇、育児休暇、忌引き休暇、介護休暇、リフレッシュ休暇など
福利厚生 地方公務員共済組合、地方公務員災害補償法、退職金制度、ユニホーム貸与、奨学金制度、院内レクリエーションなど
看護師寮 あり(1DK、寮費9,000円)
託児所 あり(敷地内で夜間保育、休日保育、病児保育あり)

非常勤職員の募集

採用条件や雇用形態については、年次採用の新人職員と変わりません。ただ基本給を決定する上では、過去の経験や学歴などが加算項目として反映されています。

年に2回の頻度で実施されている正規職員の採用試験は非常勤として働きながらでも受験することができ、合格すると改めて正規職員の公務員として登用されることになります。またパートや短時間の勤務についても、相談することができます。

長崎県対馬いづはら病院の教育制度

新人職員研修から継続教育までを通じ、プロとして質の高い看護を提供することができるようにします。それと同時に、心の教育にも力が入れられています。

再就職サポート

ブランク明けや浅いキャリアといった中途入職者に対しては、自信をつけて現場へ入るために再就職支援研修が行われています。2日間のプログラムになっていて、昼食で病院食が出されるなど、患者さんの療養も一部体験する内容です。

研修への参加支援

現任教育として院内はもちろん、院外や島外で行われている研修への参加が積極的に進められています。進歩を続ける看護に取り残されないよう、最新の看護を体験する機会があります。

長崎県対馬いづはら病院の特徴

救急や急性期から慢性期、精神疾患までさまざまな患者さんを受け入れています。離島ならではという医療が、追求されています。

急性心疾患や急性脳血管疾患などの急な事態に対してはヘリコプター搬送などの遠隔伝送システムを取り入れていて、本土の病院と連携しての継続医療が行われています。

2000年には高度で円滑な地域医療が評価され、自治体立優良病院として自治大臣賞を受賞しています。