有川医療センターの基本求人情報

病院名 長崎県上五島病院附属診療所 有川医療センター
住所 長崎県南松浦郡新上五島町有川郷2255
病床数 透析20床
看護師数 104人
交通 長崎港から高速艇で約90分、青方港や有川港からバスやタクシーで約13分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給188,900円から
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 期末勤勉手当、住居手当、通勤手当、扶養手当、宿日直手当、時間外手当、夜間勤務手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時30分から午前9時30分
休日・休暇 有給休暇(20日)、病気休暇、療養休暇、結婚休暇、産前産後休暇、育児休暇、忌引き休暇、介護休暇、リフレッシュ休暇(7日)など
福利厚生 地方公務員共済組合、地方公務員災害補償法、退職金制度、ユニホーム貸与など
看護師寮 あり
託児所 あり(近隣)

必要に応じて、非常勤として勤務するスタッフを募集する場合があります。採用条件については、年次採用者と同じものになります。

経験よりも、選考にあたってはやる気のあることが重視されています。ただ基本給の算定にあたっては、経歴にもとづく加算がある可能性もあります。

有川医療センターの教育制度

新人への指導

現場教育では、実施教育指導者による実践指導が行われます。まずチームの中で与えられている役割について理解し、チーム全員によるサポートのもとで安全な看護が提供されるよう実践力を養います。

クリニカルラダー教育

問題や目標について明確化して力がついていくよう、看護活動を実践していきます。また院内外の研修や学会へ参加しながら、段階的かつ着実に看護力を高めます。

現任教育の支援体制

継続教育の中でジェネラリストやスペシャリスト、看護管理者を育成しています。認定看護師や専門看護師、看護管理者研修などへの参加もうながしていて、それぞれが目指すものを達成するために協力しています。

リハビリテーションが専門であることから、関係する技能を習得する上での支援が行われています。リハビリテーションに関連するものだけでなく早期離床、褥創予防などといった分野の学会や研修へも参加を推進しています。

有川医療センターの特徴

1966年の開院以来、地域で役割を果たしてきました。しかしながら町村合併や住民の減少、人材確保の難しさなどから診療形態が診療所へと変わっています。

外来診療のほか、高齢者のリハビリテーションや透析治療を中心としています。急病などに対しては、系列となる長崎県立病院とも連携しています。