君津中央病院の基本求人情報

病院名 君津中央病院
住所 千葉県木更津市桜井1010
病床数 661床
看護師数 要確認
交通 JR木更津駅からバスに乗車し約15分の中央病院前停留所で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 267,250円から
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 地域手当、夜勤手当、職務手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 四週八休制で年間休日120日、年次有給休暇(20日まで)、夏季休暇(7日)、結婚休暇、慶弔休暇、生理休暇など
福利厚生 各種社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)、制服貸与、千葉県市町村職員共済組合、千葉県市町村職員互助会など
看護師寮 あり(エアコン付き個室の女子看護師寮で寮費約9,480円)
託児所 あり(0歳から就学前が対象)

より多くのスタッフが必要とされていることから毎年度、君津中央病院企業団として臨時的任用職員と短時間勤務職員の採用試験を実施しています。

すぐに戦力として活躍することを期待されていることもあり、すでに看護師免許を持っていなければ応募することができません。

すでにキャリアのある人材が前提とされているため、給与の決定にあたっては企業団臨時医療職給料表の号給に照らされることになります。

1週間に20時間以上の勤務をしていると雇用保険への加入が認められ、勤務時間が1週間につき30時間以上になると健康保険や厚生年金保険の加入対象にもなります。

君津中央病院の教育制度

自己啓発のサポートを通じて、スタッフそれぞれが専門職としての質を高めるべく実力をつけようとする気持ちも育てていきます。

それぞれのケアについて確たる根拠のもとで知識と技術を身につけた上での実践力を備え、その本質までも追い求めて看護研究にも積極的に取り組むようにしていきます。

院内では、卒後1年目の新人研修に始まり2年目には2年目研修、3年目には3年目研修という年次での研修が用意されています。

それと別に主任以上の管理職になるとリーダー研修、学生指導を担当するようになると指導者研修などといったようにそれぞれの仕事に応じた学習機会も設けられています。

君津中央病院の特徴

1938年に保証責任医療購買利用組合連合会が「愛の君津病院」として立ち上げ、1951年に国保直診施設となってから1960年になって総合病院としての認可を受けた上で国保直営総合病院君津中央病院となりました。

その後施設として老朽化してきたこともあって2003年に新病院が開院し、設備面でも診療体制についてもさらなる強化を続けてきています。

診療科目は外科や循環器科、消化器内科などといった32科にも及んでいて多岐にわたる疾患へ対応しています。

千葉県には少ないドクターヘリも導入されていて、地域医療でも高度医療や急性期医療といった重要な部分を担っています。