東京都立大塚病院の基本求人情報

病院名 東京都立大塚病院
住所 東京都豊島区南大塚二丁目8番1号
病床数 500床
看護師数 398人
交通 JR山手線大塚駅から徒歩約10分、都営バスに乗車し大塚四丁目停留所で下車して徒歩2分、営団地下鉄丸の内線新大塚駅から徒歩約2分
車通勤 要確認
カルテの種類 電子カルテ
給与 256,000円~273,000円
賞与 年2回
手当 夜勤手当、通勤手当、住居手当、扶養手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時20分から午後5時5分、準夜勤午後3時30分から深夜0時15分、深夜勤深夜0時から午前8時45分
二交替制:日勤午前8時20分から午後5時5分、夜勤午後4時から午前9時
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇(20日)、国民の祝日、夏季休暇(5日)、年末年始休暇、長期勤続休暇、慶弔休暇、産前・産後休暇(8週間ずつ)など
福利厚生 東京都職員共済保険、勤務時間の短縮(子どもの小学校入学まで)、育児時間の取得(子どもが満1歳3ヶ月まで)
看護師寮 あり(病院敷地内に地上4階建の宿舎60室と仮眠室28室、借り上げマンション)
託児所 あり(院内保育所、3歳未満を対象として24時間対応)

常勤職員の採用

随時の募集が行われていて、採用試験は東京都病院経営本部によって実施されています。試験は地方在住であっても受験しやすくなっていて東京のほか大阪や福岡、新潟、広島、札幌、仙台といった全国各地に会場が設けられています。

非常勤職員の採用

欠員の状況などに応じて独自の募集が行われていて、選考にあたっては面接で勤務日数や勤務開始日などについて相談することができます。給与については時給が1,900円に設定されているほか準夜勤で1回につき18,000円、深夜勤で1回19,200円の夜勤手当も支給されます。

東京都立大塚病院の教育制度

それぞれで主体的に個々の目標へ向かってスキルアップすべく、キャリアアップ支援をしています。具体的なプランは、基礎コースとジェネラルコースに大別されています。

基礎コースについて

教育プログラムは採用されてから3年間程度が目安になっていて、IからIIIまでのレベルに分けられています。はじめの3ヶ月については、新人看護職員臨床研修が行われています。

ジェネラルコースについて

院内研修のほか認定・専門看護師養成コース、人材育成コース、マネジメントコースが設けられています。それぞれ、専門性をより高めるための学習を進めていくことが可能です。

東京都立大塚病院の特徴

診療科は、多岐にわたって設置されています。さまざまな専門外来も置かれていて、専門性の高い医療が提供されています。

総合周産期母子医療や小児医療の分野に力が入れられていてNICUやGCUなど、新生児を対象とした高度な医療体制が整備されています。また東京都がん診療連携協力病院としても認定を受けていて、がん医療に関して高い評価を受けています。