公立森町病院の基本求人情報

病院名 公立森町病院
住所 静岡県周智郡森町草ヶ谷391-1
病床数 131床
看護師数 95人
交通 天竜浜名湖鉄道遠州森駅から徒歩約20分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 224,300円から
賞与 年2回(4.1ヶ月分)
手当 通勤手当、住居手当、扶養手当、時間外手当、夜勤手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時15分から午後5時、準夜勤午後4時15分から深夜1時、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
二交替制:日勤午前8時15分から午後5時、遅番午前11時15分から午後8時と午後12時30分から午後9時15分、夜勤午後8時15分から午前9時
休日・休暇 年末年始休暇(6日)、夏季休暇(3日)、病気休暇、産前産後休暇、結婚休暇、忌引休暇、介護休暇など
福利厚生 静岡県市町村共済組合など
看護師寮 なし
託児所 あり(院内保育園「かわせみ保育園」で0歳から就園前までの9人に対応)

年次募集

新卒者を対象にして毎年度5人の募集定員となっていて、採用年度に合わせて看護師免許を取得する見込みでなければなりません。

応募に問題がなく受理されてからは、面接と小論文からなる採用選考へ臨むこととなります。

既卒者の募集

随時の求人が出されいていて、正規職員としても臨時職員としても勤務することが可能です。

応募にあたって年齢制限はなく、夜間専従で働くことができるほか育児短時間勤務制度を活用することで子育て中であっても正規職員として働くことに支障がありません。

公立森町病院の教育制度

あくまで学習者を主体として位置づけていて、主体的に学ぶことではじめて教育にも意味が生まれるとしています。

現場における実務を通じて、教育活動で学んだ知識や技術を実際に自分のものとしていきます。

新人看護職員研修ガイドラインに沿って新人教育研修の最初に行われるローテーション研修では、院内のことについて知ることで今後の仕事をスムーズにしていきます。

研修では医療安全や接遇、オーダリングなどといったように基本から応用までのテーマが用意されています。

公立森町病院の特徴

厚生連によって運営されていた静岡県厚生農業協同組合周智病院を前身としていて、戦後になって森町へ移管されました。

1959年から現在の名称となっていて、1997年になって全面新築されるとともに新病院として診療をスタートさせています。

近年になって交通の便が良くなったことから、高齢化が進んでいる地域の医療をカバーすべく在宅医療や退院支援の強化などに取り組んでいます。

磐田市立総合病院と提携しての役割分担をしていて一般急性期入院、回復期リハビリテーション入院の部分を担っています。