公立世羅中央病院の基本求人情報

病院名 公立世羅中央病院
住所 広島県世羅郡世羅町本郷918-3
病床数 135床
看護師数 104人
交通 芸陽バスか中国バスに乗車し公立世羅中央病院前停留所で下車して徒歩約1分
車通勤
カルテの種類 オーダリングシステム
給与 4年卒198,300円、3年卒188,900円
賞与 年2回
手当 夜間勤務手当、通勤手当、住宅手当、扶養手当、宿日直手当、時間外勤務手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時から午後4時45分、中勤午前10時から午後6時45分、準夜勤午後4時から深夜0時45分、深夜勤深夜0時から午前8時45分
二交替制:日勤午前8時から午後4時45分、夜勤午後4時から午前8時45分
休日・休暇 完全週休二日制、年末年始休暇(20日)、夏季休暇(4日)、年末年始休暇(6日)、産前産後休暇(8週間)、育児休暇(8週間)、子看休暇、結婚休暇、病気休暇、忌引休暇など
福利厚生 広島県市町村職員共済組合保険、地方公務員災害補償基金、サークル活動など
看護師寮 なし
託児所 あり(院内保育所)

正職員の募集

定期的な募集が実施されていて1年につき3回ほどのペースで日程が組まれているものの、その途中で定員になるとその後の試験が中止される可能性もあります。

募集人数については多くなく数人程度となっていて、50歳までという年齢制限も設けられています。

臨時職員の募集

嘱託やパートといったかたちで勤務するスタッフについては、随時の募集が行われています。

広島県看護職員復帰支援病院にもなっていて、中途入職であっても不安なく働くことができるようサポートに力が入れられています。

公立世羅中央病院の教育制度

新人教育の内容

1年間にわたるプログラムが組まれていて、専門職としてベースをかためるべくハイレベルの学習を進めることができます。

マニュアルにもとづく仕事を基本として安全かつ確実に、さらに自分なりの工夫も加えた仕事をするための力を身につけていきます。

キャリアアップのための学び

各人のレベルに見合った専門看護研修などが実施されていて、研修は一方的なものでなくグループワークを通じてのコミュニケーションが重視され確実な学びと実践へつながっています。

1ヶ月に2回は衛星研修といったことも行われていて、仕事のスケジュールが合わず参加することができなくてもインターネット上から随時内容を確認することが可能です。

公立世羅中央病院の特徴

ルーツは農村医療のレベルを引き上げるべく1945年に開設された国保診療所であり、1952年に結成された16ヶ町村による世羅地区病院組合が経営母体となって1953年に立ち上げられました。

2005年の市町村合併で構成団体は世羅町と三原市になっていて、2007年から経営組織が世羅中央病院企業団となっています。

診療科目としては内科と外科のほか小児科や泌尿器科、皮膚科などといった14科が設けられています。

二次救急医療施設として救急医療に24時間体制で対応しているほか、訪問看護ステーションや居宅介護支援事業所などによって在宅医療へ至るまでのさまざまな取り組みにあたっています。