滋賀県立成人病センターの基本求人情報

病院名 滋賀県立成人病センター
住所 滋賀県守山市守山五丁目4番30号
病床数 541床
看護師数 要確認
交通 JR東海道本線・JR草津線守山駅から徒歩約25分、近江鉄道バスに乗車し成人病センター停留所で下車して約5分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 203,351円から219,190円
賞与 年2回
手当 扶養手当、住居手当(30,000円程度まで)、通勤手当(駐車場3,500円まで、駐輪場1,500円まで)、勤勉手当、時間外勤務手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
宿日直:日直午前8時30分から午後5時15分、宿直午後5時15分から午前8時30分
休日・休暇 週休2日制、年次有給休暇(20日)、夏季休暇(6日)、結婚休暇(7日)、介護休暇、育児時間休暇、配偶者出産休暇、学校等行事休暇など
福利厚生 地方職員共済組合、地方公務員災害補償基金、退職金制度、共済・互助会制度、賠償保険、メンタルケア、認定看護師研修制度、職員研修休職制度など
看護師寮 あり(ワンルームマンションタイプ、寮費7,200円、駐車場1,900円から2,400円)
託児所 あり(院内保育所、月曜日から土曜日の午前7時から午後9時30分、火曜日と木曜日に24時間保育)

非正規職員として、日勤専従や夜勤専従で勤務するパートのスタッフが必要とされています。募集についてはいずれも、随時で行われています。

給料のほかに、通勤手当が支給されます。1週間に30時間以上勤務すると、社会保険や雇用保険の加入対象にもなります。

日勤専従スタッフは、外来や病棟で月曜日から金曜日の3日から5日程度、午前8時30分から午後5時15分の間で1日に6時間程度の勤務となります。時給については、1,160円から1,580円で設定されます。

夜勤専従スタッフは、病棟の準夜勤か深夜勤に入ります。給料は1回の勤務で準夜勤が13,850円から17,525円、深夜勤が14,430円から18,315円となります。

滋賀県立成人病センターの教育制度

専門職ならではという高い質の看護を提供するために、クリニカルラダーが取り入れられています。きめのこまかな指導が行われていて、院内だけでなく院外での教育も交えた研修の場があります。

レベルIからレベルIVまでのシステムで、各自主体となって段階を踏んだステップアップが可能となっています。その上にもそれぞれの目標設定と合わせてジェネラリストやスペシャリスト、マネジメントを目指す幅広い研修コースが用意されています。

また、専門看護師や認定看護師を目指すにあたっても、支援体制が充実しています。働きながらでもキャリアを切らさずに、資格の取得へ向けて学ぶことが可能です。

滋賀県立成人病センターの特徴

1970年に開設されてから県立病院としておもにがんや糖尿病、高血圧などにかかわる診療を専門にしてきています。都道府県がん診療連携拠点病院、滋賀県エイズ診療拠点病院などとしても指定されています。

病理診断体制や人材育成にも力を入れていて、医療情報ネットワークの構築が進められています。月に一度は県民を対象として健康教室が開催されていて、地域医療にも幅広く貢献しています。