桑名西医療センターの基本求人情報

病院名 地方独立行政法人桑名市総合医療センター桑名西医療センター
住所 三重県桑名市大字北別所416番地1
病床数 234床
看護師数 170人
交通 養老鉄道桑名駅から徒歩約15分
車通勤
カルテの種類 紙カルテ
給与 209,800円から
賞与 年2回(3.75ヶ月分)
手当 夜間勤務手当(1回につき14,000円)、通勤手当、住居手当、扶養手当、当直手当、時間外手当、特殊勤務手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時30分から午前9時30分
休日・休暇 週休二日制、年次有給休暇(20日)、慶弔休暇、産前産後休暇、夏季休暇、介護休暇、病気休暇など
福利厚生 各種社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)、職員親睦会、桑名市職員共済組合など
看護師寮 なし
託児所 あり(託児所「にこにこひまわり」で0歳から3歳を対象として24時間保育に対応)

正規採用について

桑名市総合医療センター全体というかたちでの募集が行われていて、採用されると総合医療センターに属している3つの医療センターのどこかで勤務することになります。

看護師免許を持っていれば応募することができ、小論文と面接による選考を経て随時のタイミングで勤務を開始することが可能です。

そのほかの募集

常勤として勤務する嘱託職員が募集されていて、随時の申し込みを受け付け希望に合わせたスケジュールで選考から採用までが進められています。

勤務するにあたっての待遇は給料のほか福利厚生の面についても、正規採用のスタッフと同様になっています。

桑名西医療センターの教育制度

基本的な方針

患者さんの気持ちを大切にして常に高い質のケアを提供するという理想へ向けて、スタッフそれぞれの教育が行われています。

「共育」というキーワードが用いられていて、教育を受ける側だけでなく教える立場にあるスタッフもまた成長していくということが重視されています。

教育のプログラム

新人スタッフに対してはプリセプターを基本としていて、すべてのスタッフがサポートにあたるという体制をとっています。

院内研修では新卒から卒後3年目までのスタッフへ向けて基礎教育研修が実施されているほか、全職員が参加することのできる専門研修としてリーダー研修やステップアップ研修なども行われています。

桑名西医療センターの特徴

前身の旧桑名市民病院が1966年に開院するまでには、着工からおよそ6年間という時間を要しました。2012年になって医療法人山本総合病院との再編統合が行われた上で、現在の体制になっています。

地元からの信頼を得るべくより良い医療を提供するために、安全性も確保しながら医療の水準を高めていくべく取り組んでいます。

地域の中核病院として患者さんの現状をより詳細に把握する目的でNCD、「National Clinical Database」事業に参加していて手術や治療に関する情報の登録を通じ医療の向上へ資しています。