広尾町国保病院の基本求人情報

病院名 広尾町国保病院
住所 北海道広尾町公園通南4丁目1番地
病床数 60床
看護師数 7人
交通 十勝バスに乗車し広尾国保病院前停留所で下車して徒歩約1分
車通勤
カルテの種類 紙カルテ
給与 196,000円から
賞与 年2回
手当 住居手当(383,000円まで)、夜間勤務手当(1回につき6,800円)、扶養手当、通勤手当(19,500円まで)など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時から午前9時30分
休日・休暇 完全週休二日制で年間休日120日、有給休暇(20日)、病気休暇、特別休暇、介護休暇など
福利厚生 市町村職員共済組合、市町村職員退職手当組合など
看護師寮 なし
託児所 なし

正規採用

募集自体は随時で行われているのですが、採用する人数については若干名に限られています。

応募資格としては看護師免許を持っているほか、採用となったときに広尾町で居住することも求められます。

臨時職員の募集

募集される人数はやはり若干名となっていて、応募する上での資格は正規採用と同様になっているのですが給与や勤務時間の決定に際しては相談することが可能です。

雇用期間は半年となっているのですが、6ヶ月の勤務期間が経過すると状況に応じて更新される可能性もあります。

広尾町国保病院の教育制度

段階的な教育研修を進めるためのステージが設けられていて、スキルアップへ向けてのサポート体制が整えられています。

技術面だけでなく接遇も重視されていて、看護部で研修会を実施しているほかスタッフが院内で開かれている勉強会に参加して接遇の話をするなどといった活動もあります。

地元である広尾町を含めて北海道の十勝圏においては、規模が大きくない医療機関相互の間で施設間交流研修や出前講座といったことが活発に行われています。

それによって全体的なスタッフのスキルアップが図られていて、さまざまな職種ともうまく連携して動くことができるように支援を受けることができます。

広尾町国保病院の特徴

地元において病院事業に関する条例が制定されたことをきっかけとして、町民の健康を守るべく1960年に開設されました。

近年になって地域医療を改革すべく総務省が策定した公立病院改革ガイドラインのもと、広尾町国民健康保険病院事業改革プランが作られています。

時代の医療へ対するニーズに応えるかたちで診療科目を増減させるといった対応をしていて内科や外科のほか胃腸内科、整形外科などといった8つの診療科が設けられています。

また広尾町で超高齢化が進行していることにともない、介護療養型医療施設も併設されています。