福島県立矢吹病院の基本求人情報

病院名 福島県立矢吹病院
住所 福島県西白河郡矢吹町滝八幡100
病床数 206床
看護師数 81人
交通 JR東日本東北本線矢吹駅で下車して徒歩約20分、福島交通バスの柿の内入り口停留所で下車して徒歩約8分、矢吹駅からの送迎バスあり
車通勤
カルテの種類 紙カルテ
給与 基本給が大卒で207,300円、短大3年卒で201,700円
賞与 年2回(期末勤務手当)
手当 扶養手当、通勤手当、住居手当、特殊勤務手当、超過勤務手当など
勤務時間 3交替制:日勤午前8時30分~午後5時15分、準夜勤午後4時30分~午前1時15分、深夜勤午前0時30分~午前9時15分、休憩時間60分
休日・休暇 4週8休、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)、年次有給休暇(20日)、夏季休暇(5日)、結婚休暇、病気休暇、介護休暇、ボランティア休暇など、祝祭日や年末年始に出勤した場合は代休日の取得、休日給支給制度あり
福利厚生 共済・共助制度など
看護師寮 あり
託児所 なし

看護体制を強化するためにスタッフの増員が図られていて、不定期で看護師の中途採用が実施されています。精神科に特化していることで、心のケアに力を入れることのできる人材が求められています。

福島県立矢吹病院の教育制度

クリニカルラダーによる評価が導入されていて、目標管理にもとづく研修教育が行われています。それぞれの技能に見合ったかたちで、着実にステップアップしていきます。

院内での教育を充実させていることに加え、人材育成という面を考えてさまざまな研修や学会へ参加する機会の幅も広げています。リーダーとして職務にあたることができるよう、認定看護師などといった上位資格の取得も支援しています。

福島県立矢吹病院の特徴

福島県立矢吹病院は、1955年に福島県立矢吹精神病院として開設されました。福島県において唯一、精神科単科の県立病院です。

2010年には、日本医療機能評価機構精神化病院として認定が更新されました。2012年には精神科応急入院指定病院としても指定され、その存在感を増しています。

外来では地域医療への貢献という観点から2007年に内科を開設し、また全国的にもあまり見られない児童思春期外来も設けられています。1991年にスタートしたデイケアでは個々の患者さんと丁寧に面談することで、目標を見つけてそれに合ったプログラムが実施されています。