三豊総合病院の基本求人情報

病院名 三豊総合病院
住所 香川県観音寺市豊浜町姫浜708番地
病床数 478床
看護師数 429人
交通 JR豊浜駅から徒歩約5分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給206,200円から
賞与 年1回
手当 住居手当(27,000円まで)、通勤手当(31,600円まで)、夜間看護手当、夜間勤務手当、時間外勤務手当、扶養手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時15分から午後5時、夜勤午後4時から午前9時
休日・休暇 週休二日制、年末年始休暇(6日)、夏期休暇、産前産後休暇、育児休暇、結婚休暇忌引休暇、子の看護のための休暇、介護休暇など
福利厚生 地方公務員共済組合、退職金制度、育児短時間勤務制度、健康診断、同好会活動など
看護師寮 あり(女性向けのワンルームでバスとトイレ、キッチンは完備)
託児所 あり(院内保育施設「わたっ子保育園」で病児・病後児保育にも対応

正規採用として年度ごとに数十人単位でスタッフの募集が行われているほか、必要に応じて年度途中でも非正規職員が募集されています。

看護師免許を保有しているか取得する見込みであることが応募条件となっていて、筆記試験と面接による選考で採用が決定されます。

三豊総合病院の教育制度

新人教育について

新人看護師教育プログラムとして「マーガレットシステム」が導入されていてプリセプターのほかアソシエイト、新人看護師教育委員などスタッフ全員がサポートにあたっています。

厚生労働省が定めているガイドラインにもとづいて集合教育やOJTのほか宿泊研修、ローテーション研修なども実施されます。

継続教育について

ジェネラリスト教育システムとしてクリニカルラダーが取り入れられているほか、ケアの振り返りに取り組む看護リフレクションとして「看護はライブの会」などといった機会を設けています。

また「フラワー研修」と銘打った年代別研修としてキャリアを問わず同世代のスタッフが集まる20代の「さくら研修」や30代の「ひまわり研修」、40代の「コスモス研修」が実施されています。

三豊総合病院の特徴

1951年に開設された三豊第一病院が前身となっていて、7つの町村による組合病院としてその歴史をスタートさせました。

現在は26の診療科に加えて卒業臨床研修センターや腎センター、内視鏡センターなどといった多様な施設を備えています。

地域からの満足を得ることのできる医療を提供するための取り組みとして、専門のスタッフが対応にあたる禁煙支援外来やフットケア外来などの看護外来に力が入れられています。