桑名南医療センターの基本求人情報

病院名 地方独立行政法人桑名市総合医療センター桑名南医療センター
住所 三重県桑名市中央町1-32-1
病床数 79床
看護師数 24人
交通 近鉄西桑名駅から徒歩約3分
車通勤
カルテの種類 紙カルテ
給与 210,700円から
賞与 年2回(3.75ヶ月分)
手当 夜勤手当(14,000円)、通勤手当(55,000円まで)など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時、遅出午後12時30分から午後9時、夜勤午後4時30分から午前9時
休日・休暇 四週八休制で年間休日127日、年次有給休暇(20日)、夏季休暇(3日)、冬季休暇(3日)、慶弔休暇、産前産後休暇、夏季休暇、介護休暇、病気休暇など
福利厚生 各種社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生保険)、退職金制度など
看護師寮 あり(女性独身者向け1DKオール電化で寮費30,000円)
託児所 あり(生後3ヶ月から未就学児を対象として午前8時から午後8時で保育料20,000円まで)

スタッフの正規採用にあたっては、センター単体で求人募集を出している場合と桑名医療センター全体で実施している採用活動もあります。

医療センターによる全体募集で採用された場合には三軒ある医療センターのどこへ配属されるかがわからないものの、単独募集に応募した場合には配属先も確定しています。

臨時職員の募集

看護師免許の保持者を対象として随時の採用試験を実施していて、個別面接による選考が行われています。

採用された場合の給与は時給制で1,570円となっていて、勤務時間は午後3時30分から午後6時30分の間で相談することができます。

桑名南医療センターの教育制度

現場における実務の中で必要なことを学んでいくOJTが、スタッフ教育に関する基本となっています。

すでに活躍している先輩スタッフが指導役を担当し、看護にあたっていく上で必要とされる知識や技術を身につけていきます。

院内外において、看護技術そのものにとどまらずさまざまなジャンルにかかわる研修が活発に実施されています。

センターで主催しているものだけでなく、桑名医療センター全体で企画している研修へも参加することが可能です。

桑名南医療センターの特徴

1951年に開院された平田外科医院が前身となっていて、1959年に現在の場所へ移転しています。

2009年に桑名市民病院と再編統合されたことで地方独立行政法人桑名市民病院分院となり、2012年になって山本病院も含め桑名市との事業譲渡契約が結ばれて現在のかたちになりました。

桑名市の地域医療でも重要な役割を果たしていて、循環器系とかかわる疾患に対して強みを持っています。

静脈瘤外来や糖尿病外来などといった特殊専門外来も設けられていて、特定の分野へ専門的に特化した技術を積極的に取り入れています。