高松市国民健康保険香川病院の基本求人情報

病院名 高松市国民健康保険香川病院
住所 高松市香川町浅野1260番地
病床数 0床
看護師数 5人
交通 JR高徳線高松駅からバスに乗車し約40分
車通勤 要確認
カルテの種類 要確認
給与 初任給四大卒221,055円、三年卒207,904円、二年卒198,775円
賞与 年2回
手当 通勤手当、住宅手当など
勤務時間 交替制
休日・休暇 年次有給休暇など
福利厚生 各種社会保険など
看護師寮 要確認
託児所 要確認

看護師免許を保持しているか取得する見込みであって40歳未満であれば、受験資格を満たしています。

申込用紙を準備した上で、高松市民病院事務局総務課へ直接書類を持って行くか郵送して申し込みます。

第1次試験としては50分にわたる100点満点の適性検査が行われ、仕事をする上で必要とされる素質と適性に関する検査となっています。

合格すると個別面接と集団討論による口述試験、医療機関で受けた検査にもとづく身体検査書を提出する身体検査からなる第2次試験へ臨みます。

高松市国民健康保険香川病院の教育制度

地域からの距離が近い医療機関を目指しているということで、技術的な部分にとどまらず資質を高めていくための学びが行われています。

そのため専門職として偏りが生まれることもなく、バランス良く成長することのできる環境があります。

院内には接遇アンケート箱や御意見箱といったものが常設されていて、そこへ集まった意見なども踏まえてOJTの中で独自に接遇研修会を実施しています。

そのほか市役所本庁で行われている接遇研修会にも参加が推奨されていて、意識啓発から現場での接遇改善にまで注力しています。

高松市国民健康保険香川病院の特徴

浅野村と大野村、川東村による一部事務組合によって1953年に香川国民健康保険組合直営香川診療所として開設されました。

高松市内において急性期を担っている高松市民病院、療養型の医療機関である高松市民病院塩江分院とともに市立病院としてそれぞれ地域の特性に見合った役割を果たしています。

2010年にあらたな診療科として総合診療科を設け、早い段階から疾患の診療にあたるプライマリケアに力を入れています。

高齢者が患者さんの過半数になっていることもあり、総合診療科では慢性期医療などを中心としています。