高尾野医療センターの基本求人情報

病院名 出水総合医療センター高尾野診療所
住所 鹿児島県出水市高尾野町大久保3816番地28
病床数 30床
看護師数 12人
交通 肥薩おれんじ鉄道高尾野駅から徒歩約13分
車通勤 不可
カルテの種類 紙カルテ
給与 基本給180,500円から
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 通勤手当(55,000円まで)、夜間看護手当、待機手当、扶養手当、住居手当、管理職手当、休日勤務手当、夜間勤務手当など
勤務時間 変則二交替制:早出午前7時30分から午後4時、日勤午前8時30分から午後5時、遅出午前10時30分から午後7時、夜勤午後4時30分から午前9時
休日・休暇 週休二日制で年間休日120日、年次有給休暇(20日)、病気休暇、夏季休暇、介護休暇など
福利厚生 各種社会保険など
看護師寮 なし
託児所 なし

正規職員の採用

出水市による職員募集が行われていて、出水市病院事業職員採用試験を受験することになります。

採用人数は例年多い場合で3人程度となっていて、応募資格については看護師免許を持っているか取得する見込みになっているほか採用された後に出水市内へ居住することができることも条件です。

非正規職員の採用

契約職員としてもスタッフの募集が行われていて病棟、外来のそれぞれで人手が必要とされています。

勤務時間の希望は相談することができ日勤専従、夜勤専従のいずれでも働くことが可能です。

高尾野医療センターの教育制度

出水総合医療センターや野田診療所、特別養護老人ホーム鶴寿会などによる合同というかたちで研修の場が持たれています。

同僚のスタッフだけでなく全国各地からも医療関係者や学生を広く受け入れていて、外部交流の場にもなっています。

出水市病院事業看護師奨学資金貸与

看護学生として看護職を目指そうとしている場合やまずは看護学生になろうとしている場合を対象として、1ヶ月につき5万円か10万円を貸与する奨学金制度が整備されています。

学校を卒業してから出水市内の病院で貸与を受けた期間よりも長く勤務すれば、返還は免除されるようになっています。

高尾野医療センターの特徴

現在の場所で1982年に開設され、2006年に行われた平成の大合併で出水町のほか高尾野町と野田町が合併したことによって改称されました。

2011年には出水総合医療センターへの吸収によって、出水総合医療センター高尾野診療所へと形態を変えています。

診療科としては内科と外科に加えて麻酔科も設けられていて、おもに急性期から慢性期にかけての外来診療と入院治療にあたっています。

そのほか隣接している特別養護老人ホーム鶴寿会たかおのの管理も担っていて、訪問診療が行われています。