兵庫県立加古川医療センターの基本求人情報

病院名 兵庫県立加古川医療センター
住所 兵庫県加古川市神野町神野203
病床数 353床
看護師数 336人
交通 JR加古川駅からバスに乗車し県立加古川医療センター停留所で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 250,000円から
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 住宅手当(28,000円まで)、夜勤手当、夜間看護手当、地域手当、超過勤務手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 週休2日制、年次有給休暇、夏季休暇(5日)、育児休業(3年まで)、育児部分休業、子の看護休暇など
福利厚生 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、共済組合、全国の宿泊施設利用割引、レジャー施設の割引、会員宿泊施設など
看護師寮 あり(独身者用、寮費8,400円、駐車料金3,000円)
託児所 あり(院内保育所)

初療室や病棟、外来、手術室で勤務することになります。募集自体は、随時で行われています。

初療室夜勤専従看護師

日々雇用職員として準夜勤と深夜勤に対応しますが、最初の1ヶ月程度は試用期間となります。時給が2,500円、日給は20,000円となっていてそのほかに通勤手当や超過勤務手当も支給されます。

外来夜勤専従看護師

準夜勤と深夜勤の時間帯で、外来業務を担当します。時給が準夜勤で1,750円、深夜勤で1,800円となっているほか通勤手当や超過勤務手当が加算されます。

臨時的任用職員

初療室において、三交替制で勤務します。勤務時間や業務内容、福利厚生については正規採用の常勤スタッフと同じです。

兵庫県立加古川医療センターの教育制度

主体的なキャリア開発を経て、専門職業人として成長していきます。兵庫県立病院看護師キャリア開発ラダーにもとづいて看護の専門知識や技術を習得し、看護実践能力も高めます。

新人からラダーIVまでの研修で系統的、継続的な生涯学習が進められていきます。その後にもスペシャリストコース、マネジメントコースという進路があります。

兵庫県立加古川医療センターの特徴

1936年に、兵庫県立加古川病院として設立されました。1961年に総合病院となり、2009年に現在の場所で移転オープンし2011年に地域医療支援センターの承認を受けています。

2013年にドクターヘリの運用を開始し、兵庫県南部においてドクターヘリの本部となっています。成人に発症するがんや生活習慣病、3次救命救急などといったあらゆる疾患について周期ごとに対応しています。