新潟県立リウマチセンターの基本求人情報

病院名 新潟県立リウマチセンター
住所 新潟県新発田市本町1丁目2番8号
病床数 100床
看護師数 47人
交通 JR羽越本線白新線新発田駅で下車して徒歩約5分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 222,100円~237,000円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 期末手当、勤勉手当、扶養手当、通勤手当、住居手当、時間外勤務手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 4週8休、年次有給休暇(20日)、結婚休暇、夏季休暇、介護休暇、忌引、育児休業など
福利厚生 地方職員共済組合新潟県支部
看護師寮 なし
託児所 なし

非常勤職員の募集

不定期で行われていて、短い期間や時間の勤務を希望する場合でも問題なく応募することができます。原則として6ヶ月の任用期間になっていて、その後は更新の可能性もあります。

時給は正看護師で1,125円から1,862円、准看護師で947円から1,659円に設定されていて、学歴や職歴にも応じて加算があります。そのほか勤務時間帯に応じて夜勤手当や通勤手当、条件によって退職手当も支給されます。

新潟県立リウマチセンターの教育制度

リウマチ看護基礎教育研修のほか、回復期リハビリ看護教育が行われています。リウマチ病棟と回復期リハビリ病棟のそれぞれで勤務する病棟に合わせて専門研修を受けることになり、レベル別研修ですから確実にステップアップしていくことが可能です。

専門看護に関して、資格を取得することができます。登録リウマチケア看護師や回復期リハビリ看護師、治験コーディネーターなどといった資格を目指すことのできる環境があります。

新潟県立リウマチセンターの特徴

前身は、1981年に新潟県立瀬波病院で開設されたリウマチ専門の診療科です。2006年に県立瀬波病院が移転新築された際、総合病院の新潟県立新発田病院と併設されるかたちでつくられました。

公立病院としては初のリウマチセンター単科病院であり、最先端のリウマチ医療が提供されています。

内科的治療のほか外科的治療や理学的治療も組み合わせた治療が行われていて、退院後にも協力病院からのサポートを受けることができるよう万全の連携が図られています。