福島県立大野病院の基本求人情報

病院名 福島県立大野病院
住所 福島県双葉郡大熊町下野上字大野98-1
病床数 150床
看護師数 86人
交通 JR東日本常磐線大野駅で下車して徒歩7分
車通勤
カルテの種類 紙カルテ
給与 基本給155,820円~247,380円
賞与 年2回
手当 通勤手当(~51,000円)など
勤務時間 3交代制:日勤8時30分~17時15分、準夜勤16時30分~翌1時15分、深夜勤0時30分~9時15分
休日・休暇 年間休日105日、週休2日制、夏季休暇(5日)、年始年末休暇(6日)、年次有給休暇など
福利厚生 各種保険への加入、退職金制度(勤続1年以上)、赴任手当支給
看護師寮 なし
託児所 なし

臨時技術補助員

欠員を補う非常勤として臨時募集が行われていて、年度途中に多くの看護師を採用しています。応募資格は正看護師か准看護師の免許を持っていることで学歴や年齢などを問わず、1年以上の臨床経験を条件としている場合もあります。

採用後は2ヶ月間の試用期間を経てから短くて4ヶ月、長くて1年間の臨時任用となり勤務状態に応じて雇用契約の更新はあり得ます。

人材としては基本的に夜勤へ対応し3交代制で働くことが求められていて、日勤専従やパートでの勤務などを相談することも可能です。

福島県立大野病院の教育制度

第二種感染症指定医療機関や初期被ばく医療機関として指定されていて研修施設、認定施設としての機能も持っています。福島県立医科大学から、研修医や看護師を受け入れています。

専門看護師や認定看護師を目指すにあたっては、福島県立医科大学への進学を目指すことができます。最先端の医療について学び、それを通じて地域医療へ貢献することのできる人材が育成されています。

福島県立大野病院の特徴

福島県立大野病院は1951年、福岡県立病院事業の中で設置されました。設立当初から診療科目を増やし内科や呼吸器科、眼科、泌尿器科、小児科、産婦人科など8つの診療科を持つに至っています。

双葉郡大熊町における医療拠点のひとつであり、地域医療の中核病院でもあります。最新の機器や知識、技術による医療と7対1の看護基準で、充実した環境を整えています。

震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故にともなって警戒区域に含まれ、現在も帰宅困難地域内にあるため閉鎖が続いています。職員も、地域からは避難している状況です。