公立穴水総合病院の基本求人情報

病院名 公立穴水総合病院
住所 石川県鳳珠郡穴水町字川島タ-8
病床数 100床
看護師数 61人
交通 のと鉄道穴水駅から徒歩約5分
車通勤 要確認
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給大卒198,300円、短大3卒188,900円、短大2卒180,500円
賞与 年2回
手当 通勤手当、扶養手当、期末勤勉手当、退職手当、住宅手当、夜間勤務手当、宿日直手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜0時45分、深夜勤深夜0時30分から午前8時45分
休日・休暇 年次有給休暇、夏季特別休暇(3日)、育児休暇、介護休暇、慶弔休暇など
福利厚生 研修旅行、施設利用助成、貸付制度など
看護師寮 あり(自己負担額1万円での住宅提供)
託児所 なし

募集は定期的に実施されていて、看護師免許の取得見込みである新卒者を除いては45歳未満という年齢制限があります。

また三交替制の勤務体系となっているため夜間の勤務にも対応することのできることが条件とされています。

提出書類として所定の申込書に加えて履歴書と健康診断書、資格証明書のコピーを準備します。

問題なく受理されれば作文による筆記試験、個別面接による口述試験によって採否が決定されることになります。

公立穴水総合病院の教育制度

スタッフそれぞれの専門性を活かした育成ということが重視されていて急性期から慢性期までの健康状態にある患者さん、また入院中から在宅までの一通りを経験する場があります。

指導担当者をはじめとして職場の全体で教育にかかわっていて、地域の施設と交流研修が行われているなど外部機関も活用しています。

新卒の職員に対しては入職から1年間にわたって1人のスタッフに対して2人のプリセプターがつき、技術の面だけでなく看護という専門職としての精神面も育てていくべく指導にあたっています。

中途入職のスタッフに対してもスムーズに実務へ入ることができるよう、担当指導者がこまかなところまでフォローしています。

公立穴水総合病院の特徴

町営穴水診療所として1956年に開設され、1964年には救急医療指定病院としての指定を受けました。

1981年に全面改築が完了するとともに現在の名称へと変更され、地域において中核として役割を果たす総合病院となっています。

病院併設型老人保健施設である「あゆみの里」をはじめとしてデイサービスセンターや地域包括支援センターのほか保健センター、訪問看護ステーションと社会福祉協議会もすべて1ヶ所に集中していることで医療から保健福祉までの連携がスピーディになっています。

能登北部医療圏において今後もさらに進むと予想されている過疎高齢化へ対応するために、金沢医科大学病院との間での遠隔医療を構築することなどにも取り組んでいます。