公立加美病院の基本求人情報

病院名 公立加美病院
住所 宮城県加美郡色麻町四竃字杉成9番地
病床数 90床
看護師数 45人
交通 JR古川駅前からバスに乗車し公立加美病院前停留所で下車して徒歩約1分
車通勤
カルテの種類 要確認
給与 基本給180,500円から329,100円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 時間外勤務手当、夜勤勤務手当、扶養手当、住居手当、寒冷地手当、通勤手当(55,000円まで)など
勤務時間 二交替制:早出午前7時から午後4時、日勤午前8時30分から午後5時30分、遅出午前10時30分から午後7時30分、夜勤午後4時30分から午前9時
休日・休暇 年次有給休暇、夏季休暇、結婚休暇、産前産後休暇など
福利厚生 各種社会保険など
看護師寮 あり
託児所 なし

嘱託職員の募集

加美郡保健医療福祉行政事務組合が採用活動を担当していて、採用された際には加美老人保健施設へ配属される可能性もあります。

看護師免許を持っていて50歳未満であることが応募する上での条件となっていて、勤務にあたっては夜勤も担当することになります。

応募にあたっては加美郡保健医療福祉行政事務組合事務局の総務係へ宛てて指定の嘱託職員採用試験申込書と履歴書、資格免許証のコピーを提出します。

受け付けられると受験資格や申込書の記入内容に関する資格調査が行われた上で文章を用いた表現力などを判断する作文での筆記試験、個別面接による人物試験へ臨みます。

公立加美病院の教育制度

人々の生命を守り健康でいることができるように最良の看護を提供すべく、力を尽くしていくために必要なことを学んでいきます。

療養病床も備えていることで急性期のほか回復期、慢性期といった広い健康段階のことについて身につけることが可能です。

訪問診療にも力を入れていることで、患者さんとより近しい距離でコミュニケーションをとりながら必要な対応をするというように「こころ」を大事にした実務を経験する場もあります。

また広く地域における保健衛生の活動や福祉支援といったこともなされているため、純粋な看護の技術にとどまらずヒューマンスキルといった面でも広く個人を高めていくことができます。

公立加美病院の特徴

色麻町国保診療所として1952年に開設されたことがスタートであり、2002年になって現在の場所で新築移転されることとなりました。

加美郡保健医療福祉行政事務組合が運営にあたっていて、加美郡においてはただ1軒の病院として診療にあたっています。

地域における医療機関の協力を強化していて大崎市民病院、東北大学病院などといった規模の大きい医療機関と連携しています。

急性期や慢性期の医療を精力的に提供しつつも、高度で先進的な医療が必要とされる患者さんについてはスピーディな病院紹介といった対応をしています。