市立角館総合病院の基本求人情報

病院名 市立角館総合病院
住所 秋田県仙北市角館町上野18
病床数 253床
看護師数 203人
交通 JR角館駅から徒歩約15分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 201,100円から
賞与 年2回
手当 夜勤手当、期末手当、時間外勤務手当、住居手当、通勤手当、扶養手当、勤勉手当、寒冷地手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 四週六休制で年間休日120日、年次有給休暇(20日)、夏期休暇、結婚休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇など
福利厚生 秋田県市町村職員共済組合、退職金制度など
看護師寮 なし
託児所 なし

正規採用について

年度ごとで数人程度の募集が定期的に実施されていて経験者であれば看護師免許を持ち実務経験もあること、新卒者であれば卒業と免許取得の見込みになっていることが応募条件です。

専門科目のほか作文と面接による選考が行われ、そのほかに資格調査と身体調査にもパスする必要があります。

臨時採用について

臨時職員というかたちで即戦力として勤務するスタッフも必要とされていて、経験者が募集対象とされています。

個別面接によって採否が決定され、勤務体系については常勤職員と同様の三交替制だけでなく日勤専従での勤務も選択することができます。

市立角館総合病院の教育制度

新人教育について

入職するとまず新卒用職員研修が用意されていて、院内講師のもとで集合研修を受講します。

基本的な知識や技術を習得するにあたってはチェックリストを活用してのフォローがあり、個々で独自の目標を定めてラダーレベルのIからIIまでの過程で連携しての支援も行われています。

採用時点から6ヶ月間はプリセプターが新人スタッフを担当し、指導役になるとともに相談役も務めます。

継続教育について

院内外で実施されている研修に参加することへのサポートがあり、それぞれのキャリアに見合った支援が提供されています。

また看護研究を進めていく上でも取り組みやすい体制を整えていて、毎年1回は部署ごとに研究発表会も開催されています。

市立角館総合病院の特徴

1953年に開院された厚生省標準C級モデル町立角館病院が前身となっていて2005年に角館町と田沢湖町、西木村の合併で仙北市が発足した際に現在の体制となりました。

地域においてはただ一軒の総合病院であり、医療面だけでなく保健や福祉といった分野にまで及ぶ拠点として機能しています。

健康増進の取り組みとして健康診断に力が入れられていて、一般の人間ドックに加えて特殊の脳ドックや血管ドックも実施しています。