最上町立最上病院の基本求人情報

病院名 最上町立最上病院
住所 山形県最上郡最上町大字向町64番地の3
病床数 70床
看護師数 40人
交通 JR最上駅から徒歩約5分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給大卒198,300円、三年卒188,900円、二年卒180,500円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 扶養手当、宿日直手当、夜間勤務手当、住居手当、深夜看護手当、時間外手当、寒冷地手当など
勤務時間 病棟は三交替制、外来は当直制
休日・休暇 年間休日120日
福利厚生 各種社会保険など
看護師寮 なし
託児所 なし

スタッフの採用は年次というかたちで行われていて、例年の傾向としては募集の開始が7月になっています。

医療機関としての規模は小さなものであるため、一度に募集される人数もそれほど多くありません。

選考の詳細について確認するにあたっては、病院へ直接の問い合わせをすることになっています。

試験は概ね毎年9月に実施されていて、作文と面接の結果によって合否が決定されています。

最上町立最上病院の教育制度

急性期から在宅医療までに広く対応しているということで、勤務しながらさまざまなケアについて学ぶことのできる教育環境があります。

医療機関として小規模であるがゆえに、仕事を始めてからわからないことについてはしっかり先輩からの指導を受けることが可能です。

教育研修に関しては院内研修と院外研修のそれぞれについて、業務による制限なく参加しやすくなるように考慮されています。

希望すれば看護協会による研修会のほか地域医療現地研修会、全国国保医学会などにも参加することができます。

最上町立最上病院の特徴

最上町立病院として1954年に設立され、1988年には保健や福祉の機能をも集約すべく「ウェルネスタウン構想」が持ち上がりました。

健康管理センターが併設された後、施設の老朽化に対策する目的で1994年に新設移転がなされています。

現在はより地域から望まれている医療を提供するために改革プランが示されていて、安定して高い質の医療を提供することが目標とされていて経営に関する見直しも検討されています。

同時に地域医療を実践し中心的な役割を果たす医療機関として、常時必要な情報の収集にあたっています。

さらに周辺で立地している医療施設との間での連携も進めることで、保健や福祉も含めて一体となって地域の健康を守るべく取り組んでいます。