岩手県立磐井病院の基本求人情報

病院名 岩手県立磐井病院
住所 岩手県一関市狐禅寺時大平17
病床数 408床
看護師数 約115人
交通 なの花バスで20分から30分ごとに磐井・南光病院運行ルートがあり、JR一ノ関駅西口左奥10番乗り場から岩手県交通の磐井・南光病院行きシャトルバスで約12分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 短大2卒180,500円~
賞与 年2回(3.9ヶ月分、勤務成績優秀者に加算あり)
手当 扶養手当、通勤手当、住居手当、夜勤手当、期末手当、勤勉手当、寒冷地手当、時間外勤務手当、夜間看護手当、待機手当など
勤務時間 三交代制:日勤8:30~17:15、準夜勤16:30~翌日1:15、深夜勤0:30~9:15、夜勤は月に8回以内
休日・休暇 週休2日、年次有給休暇、産前産後休暇、つわり休暇、生理休暇、夏季休暇、結婚休暇、子の看護休暇、ボランティア休暇、忌引き休暇、男性職員育児参加休暇、年末年始休暇、結婚休暇、育児休暇、特別休暇、自己啓発休業休暇など
福利厚生 岩手県共済組合加入、退職金制度(勤続半年以上)、看護師寮、院内保育所、被服貸与、被服クリーニング代負担など
看護師寮 あり
託児所 あり

岩手県立磐井病院においては臨時看護師と臨時准看護師の採用枠が設けられていて、面接による選考が行われています。

病棟か外来で三交代制の勤務になりますが、日勤だけやパートとしての勤務を相談することもできます。夜勤に入る場合は1ヶ月で準夜勤、深夜勤の合計が8回以内とされています。

日給は7,280円から12,280円で設定され、パートですと時給制で939円から1,745円となります。そのほかに手当として特殊勤務手当や夜勤手当、夜間看護手当、超過勤務手当、通勤手当の加算や年に2回の賞与もあります。年次休暇や各種特別休暇の取得、院内保育所の利用対象にもなっています。

岩手県立磐井病院の教育制度

岩手県立磐井病院では、それぞれのスタッフが自覚を持ってレベルアップしていくようにキャリア開発プログラムを提供しています。

新人看護師

新人研修に加え、現場ではプリセプターによる実践教育を受けます。技術面だけでなくメンタル面の支えもあり、バックアップのもとで段階的に一人前の看護師を目指していきます。

中途採用者

それぞれが持っている能力に応じて、能力の強化を図っていきます。習熟度や適応性も考慮しながら、プログラムに沿って必要な教育が行われています。

専門性の向上

キャリアアップや業務に活きる資格の取得へ積極的な看護師に対しては、修学支援なども行われています。認定看護師や専門看護師、教育指導者、看護管理者などを目指しての研修にも進んで参加することが可能です。

岩手県立磐井病院の特徴

岩手県立磐井病院は、昭和24年に設立されました。両磐地区周辺において、良質な医療を提供する中核病院として機能しています。

がん治療や緩和ケアへのニーズが高まっていることを背景として、高度で先進的な診療活動にあたっています。周産期から神経系疾患や脳血管障害まで、幅広い世代に対応しています。