県立薩南病院の基本求人情報

病院名 県立薩南病院
住所 鹿児島県南さつま市加世田高橋1968-4
病床数 175床
看護師数 100人
交通 鹿児島交通バスに乗車して薩南病院前停留所で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 初任給三年卒191,300円
賞与 年2回
手当 通勤手当(1ヶ月につき55,000円まで)、扶養手当、住居手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 四週八休制で年間休日125日
福利厚生 各種社会保険など
看護師寮 要確認
託児所 なし

正規職員の募集は鹿児島県の県立病院局が管轄していて、県立病院課が問い合わせなどの窓口として対応しています。

採用者に対する応募者の競争倍率については、1.5倍を上回る水準での推移が続いています。

そのほか臨時職員として長期休暇中の職員に代わって勤務するスタッフも募集されていて、応募にあたり実務経験に関する条件は定められていません。

なおキャリアにブランクがあって就業への不安があるということであれば、再就業支援研修を受講することも可能です。

立薩南病院の教育制度

新人教育について

新人看護職員研修ガイドラインにもとづき、順を追って専門的な知識や技術を高めていくために計画的な研修が実施されています。

現場での教育としてはプリセプターシップ制が導入されていて、一人の職業人としてしっかり自立して実務へ適応することができるようなサポート体制があります。

現任教育について

クリニカルラダーのもとで年間単位によるレベル別の研修が進められていて、個々で希望しているキャリアアップへの道をサポートしています。

その中では設定した目標を効果的に達成することができるよう、目標管理も行われています。

県立薩南病院の特徴

県立薩南療養所として1952年に設立され、1978年に全面改築が行われて一般病院となり現在の名称にもなっています。

医療圏において少子高齢化が進み人口は減少しているという中で、南薩地域の中核となる医療機関として機能しています。

救急医療指定機関や高規格救急車指示病院などとしても役割を果たすとともに、急性期病院としての充実へ向けて二次医療圏内における診療の完結というところを目指しています。

また施設の老朽化が進んでいる中で施設を拡充する必要性もあることから、建て替えへ向かっての計画も模索されています。