公立新小浜病院の基本求人情報

病院名 医療法人社団苑田会公立新小浜病院
住所 長崎県雲仙市小浜町南本町93
病床数 150床
看護師数 70人
交通 島鉄バスに乗車し公立病院前停留所で下車して徒歩約1分
車通勤
カルテの種類 紙カルテ
給与 180,000円から
賞与 年2回(5.0ヶ月分)
手当 通勤手当(20,900円まで)、夜勤手当、家族手当、住居手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時、早出午前7時30分から午後4時、遅出午前9時30分から午後6時、夜勤午後4時30分から午前9時
休日・休暇 四週八休制、年末年始休暇、年次有給休暇(20日)、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇など
福利厚生 各種社会保険(雇用保健、健康保健、労災保健、厚生年金)、職員専用の院内温泉施設など
看護師寮 あり(ユニットバス付1LDKでエアコンや冷蔵庫などが設置済み)
託児所 あり(午前8時から午後5時のほか夜間預かり、週に一度の24時間保育に対応)

医療法人社団苑田会が職員募集をしていて、採用した個人個人の持っている力や実績に合わせて配属先を決めています。

応募する上でキャリアは問われず、ブランクがあっても新卒で実務経験がなくても問題はありません。

短時間勤務制度

子育てをしていて十分な時間がないといった場合でも、常勤スタッフとして勤務することが可能です。

給料は時給制で原則として1,800円以上に設定されることになり前職での給与や年齢、経験も考慮した上で決定されます。

公立新小浜病院の教育制度

苑田会グループの教育委員会が中心になっていて、グループで共通のリフレッシュ研修も企画されています。

グループワークを通じてほかの職場で勤務している同期のスタッフと交流することができ、悩みを共有して視野も広げることが可能です。

キャリア1年目の新入職員に対しては入職オリエンテーションや集中研修などの新卒者研修が行われていて、卒後2年目からは多くの院内研修に加えて苑田会グループ研修や院外研修にも多く参加する機会があります。

コミュニケーション研修やリーダーシップ研修、看護管理者研修などといった多様な学習の場が用意されています。

公立新小浜病院の特徴

国によって運営されていた国立小浜病院が前身となっていて、2002年になって小浜地区保険環境組合へ移譲されたことで現在の名称になりました。

昨今は経年による老朽化が進んでいるため、建て替えに関する計画が進められてきています。

長崎県の県南医療圏における中核病院として役割を果たしていて、救急告知病院としても指定を受けています。

地域で過疎高齢化が進んでいる中において、一般内科や一般外科などの11科という体制で院内で診断から治癒までを完結させようと取り組んでいます。