市立伊勢総合病院の基本求人情報

病院名 市立伊勢総合病院
住所 三重県伊勢市楠部町3038番地
病床数 322床
看護師数 要確認
交通 近鉄宇治山田駅、JR伊勢市駅、近鉄伊勢市駅から車で約10分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 178,800円から
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 通勤手当、住居手当、時間外勤務手当、夜間勤務手当、扶養手当、特殊勤務手当、当直手当、宿日直手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時45分から午後5時15分、夜勤午後4時45分から午前9時15分
休日・休暇 完全週休二日制、年次有給休暇、年末年始休暇、病気休暇、介護休暇、育児休暇、産前産後休暇、子の看護休暇、忌引き休暇、結婚休暇、特別休暇など
福利厚生 三重県市町村共済組合、退職金給付制度、互助会制度など
看護師寮 あり(ベッドと冷蔵庫、テレビが備え付けの六畳一間でバスキッチン付き)
託児所 あり

非正規職員として嘱託職員や臨時職員の募集が出されていて、応募は随時で受け付けられています。

嘱託ですと緩和ケアや外来における三交替制での勤務となり、給料は日給月給制で253,000円から260,000円に設定されています。

臨時職員については日勤時間帯での外来勤務となり土曜日や日曜日、祝日が休日とされていて給料は日給制で10,110円から11,110円となります。

いずれに関しても半年ごとに任期が更新されていき、働きながら正規職員となる伊勢市職員の採用試験を受験することも可能です。

市立伊勢総合病院の教育制度

入職して最初に行われる新人看護師研修においては集団研修というかたちで倫理観や接遇などに関する講義が行われ、基礎看護技術を身につけていきます。

それと並行して現場ではプリセプターをはじめとして、教育担当指導者や現場のスタッフも含めた全体でのサポートがあります。

現任教育では、一人一人の役割遂行力を高めることで、質が高くしっかり専門性を発揮しながらケアを完結させることのできるスタッフが育成されています。

さらに各人が理想とする姿を実現させることができるよう、院内での研修体制に加えて院外で開催されている研修へ参加することも推奨しながらキャリアアップへ向けての支援体制が整えられています。

市立伊勢総合病院の特徴

宇治山田健康保険組合の直営による健民館というかたちで1945年に開設され、1957年の新築移転を経て1960年に総合病院としての認可を受けたことで1961年に現在の名称となりました。

地域における中核病院であると同時に基幹病院でもあり、急性期医療から回復期医療へ至るまでの体制を充実させています。

急性期後にも院内で身体機能を回復させた上で、日常生活に問題がなくなってから社会復帰することが可能です。