国保水俣市立総合医療センターの基本求人情報

病院名 国保水俣市立総合医療センター
住所 熊本県水俣市天神町1丁目2番1号
病床数 401床
看護師数 215人
交通 みなくるバスに乗車し総合医療センター停留所、総合医療センター裏停留所で下車してすぐ
車通勤 要確認
カルテの種類 電子カルテ
給与 259,100円
賞与 年2回
手当 扶養手当、住居手当、通勤手当、時間外勤務手当、期末・勤勉手当など
勤務時間 三交替制
休日・休暇 変則四週八休制、年次休暇、夏季休暇(5日)、特別休暇など
福利厚生 熊本県市町村職員共済組合など
看護師寮 要確認
託児所 あり(院内保育園)

即戦力としてすぐに活躍することのできるスタッフが必要とされていて、募集も継続的に行われています。

看護師免許を持っていることが受験資格となり、申し込みの窓口は事務部総務課総務企画室となっています。

申し込みにあたっては職員採用試験申込書、看護師免許証のコピーを必要書類として準備しなければなりません。

申し込みが問題なく受理されると随時第1次選考として書類審査が行われ、合格すると第2次選考の個別面接が実施されます。

国保水俣市立総合医療センターの教育制度

新人教育について

2010年に新人看護職員研修が努力義務化され、その内容が年々充実の一途をたどっていることもあってキャリア1年目のスタッフについてはずっと離職率がゼロになっています。

自立したいち社会人として成長しやわらかな感性を備えることも重視されていて、人間としての成長も目指していきます。

継続教育について

クリニカルラダーシステムが取り入れられていて、1から4までのレベルを設けて段階別に学んでいきます。

新人看護師としての役割を果たすところからスタートし実践、研修の両面からチームリーダーとして独り立ちするまでをで学んでいきます。

国保水俣市立総合医療センターの特徴

水俣市立病院として1953年に開院し、1990年1月になって現在の名称へ院名が変更されています。

熊本県南部で水俣・芦北医療圏において急性期中核病院の役割を果たしていて、総合病院として機能しています。

救急指定病院となっていて、救急外来において診療時間外に急病などで訪れる患者さんにも対応しています。

災害時現場救急医療出動車も導入されていて、熊本県内においてはじめて消防署から要請を受けて自然災害や交通災害で医療機関への搬送が難しい場合に出動する協定も結んでいます。