市立岡谷病院の基本求人情報

病院名 市立岡谷病院
住所 長野県岡谷市本町4-11-33
病床数 264床
看護師数 199人
交通 JR岡谷駅から車で約5分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 初任給四年卒212,100円、三年卒203,500円
賞与 年2回
手当 通勤手当、住居手当、時間外勤務手当、夜間勤務手当、扶養手当など
勤務時間 3交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時30分から午前9時15分
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇、年末年始休暇、病気休暇、介護休暇、育児休暇、産前産後休暇、忌引き休暇、結婚休暇、子の看護休暇、特別休暇など
福利厚生 長野県市町村職員共済組合、退職金給付制度、互助会制度など
看護師寮 あり
託児所 あり

正規職員の募集

毎年度で外来と病棟、訪問看護ステーションに勤務するスタッフが募集されていて看護師免許を持っていれば応募することが可能です。

応募書類としては受験願書と履歴書のほか身体検査表、免許証のコピーか新卒者については最終学校成績証明書が必要です。

このうち受験願書や履歴書、身体検査表に関しては備え付けの用紙がありホームページ上からダウンロードすることもできるようになっています。

書類に問題がなければ採用試験として一般と専門の筆記試験と作文試験、面接試験が実施されます。

臨時職員の募集

日勤の時間帯という限定で休憩として60分を含んで外来か病棟で勤務するスタッフの募集が出されていて、給料は時給制となっていて経験に応じて1,250円からの金額が決定されます。

基本的には平日だけの勤務ですがシフトや部署などの事情によっては土曜日や日曜日、祝日の出勤もあり得ます。

市立岡谷病院の教育制度

新人教育について

市立岡谷病院能力開発プログラムが構築されていて、その内容にもとづいての教育が行われています。

プリセプターのほか現任教育看護師による実践的な指導が行われ、知識と技術を高めていきます。

さらには新人のうちからクリニカルラダーを取り入れての能力開発も進められていて、早い段階で職場に慣れて一人前の実践者となることを目指します。

継続教育について

スタッフそれぞれで向かうべき目標を設定し、段階的にレベルアップしていくべく必要な研修へ参加します。

院外において実施されている研修や学会への参加、また専門資格を取得するためのサポートも充実しています。

市立岡谷病院の特徴

1910年に開設された組合立平野製糸共同病院が前身となっていて、1937年に岡谷市へと移管されました。

地域が超高齢化社会へと移行していく中で高まる老人医療やがん診療へのニーズに対応すべく在宅ケアセンターが立ち上げられ、院内での体制を強化するだけでなく地域で診療にあたっている医療機関や行政などとも連携を強めています。

また地元の健康意識を高めるべく、健康講座の開講や健康診断の実施なども通じて疾患をできるだけ早く見つけ治療することの大切さを啓蒙しています。