黒石市国民健康保険黒石病院の基本求人情報

病院名 黒石市国民健康保険黒石病院
住所 青森県黒石市北美町1-70
病床数 290床
看護師数 165人
交通 バスに乗車し野際停留所で下車して徒歩約5分
車通勤
カルテの種類 要確認
給与 基本給182,900円から
賞与 年2回
手当 通勤手当、住居手当、時間外勤務手当、夜間勤務手当、扶養手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時15分から午後5時、準夜勤午後4時15分から深夜1時、深夜勤深夜0時15分から午前9時
休日・休暇 四週八休制で年間休日110日、有給休暇、病気休暇、介護休暇、育児休暇、産前産後休暇、忌引き休暇、結婚休暇、特別休暇など
福利厚生 青森県公務員共済組合、退職金組合制度など
看護師寮 要確認
託児所 要確認

常勤職員の募集

スタッフに欠員が生じた場合には補充する目的で、採用枠を若干名としての求人募集が出されています。

採用試験としては筆記試験と小論文試験のほか面接試験などが行われ、採用された場合の基本給には経歴による加算などもあります。

臨時職員の募集

日勤帯となる午前8時15分から午後5時までの時間帯で勤務するスタッフが必要とされていて、原則として平日の勤務になりますが土曜日や日曜日にも出勤する可能性があります。

給料については日給で夜勤に対応すると10,000円から12,000円、夜勤がなければ8,600円から9,400円となり夜勤への対応が可能であるとやはり優遇されます。

黒石市国民健康保険黒石病院の教育制度

患者さんから高い満足を得ることのできるケアを実現すべく、仕事の質を高めていくための教育支援が用意されています。

勤務体制の面でも万全の状態で研修や勉強会などに参加することができるよう、長い時間にわたる勤務で過度の疲れや負担へつながらないようにしています。

新人スタッフに対する教育としては、集合研修のほか現場でのプリセプター制による実践教育も行われています。

現任教育としてキャリアを築いていくためのサポートにも力を入れていて、多くのスタッフが看護協会によって認定されている学会資格の取得に取り組んでいます。

黒石市国民健康保険黒石病院の特徴

1931年に誕生した組合津軽資生寮黒石病院が前身となっていて、1959年に現在のかたちで発足しました。

1986年になって総合病院としての承認を受けていて、1991年に新病院の本体が完成してからは脳神経外科病棟の整備が行われたほか新管理棟もあらたに完成しています。

青森県内において二次医療圏となっている津軽地域において、中規模総合病院として機能しています。

医療圏としては黒石市のほか平川市のおよそ半分や青森市の浪岡地区、田舎館村も含まれています。