岩手県立胆沢病院の基本求人情報

病院名 岩手県立胆沢病院
住所 岩手県奥州市水沢区字龍ヶ馬場61番地
病床数 一般337床、結核9床
看護師数 262名
交通 JR東北本線水沢駅から約2.7km、東北新幹線水沢江刺駅から約7km、駅通りから胆沢病院行バスに乗車し、胆沢病院で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給180,500円~198,300円
賞与 年2回/3.9ヶ月分
手当 通勤手当、住居手当、扶養手当、夜勤手当(31時間で9,000円程度)、夜間看護手当(準夜4回と深夜4回で25,000円程度)、超過勤務手当など
勤務時間 3交替制:日勤8時半~17時15分、準夜勤16時半~翌1時15分、深夜勤0時半~9時15分
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇(採用年に13日~15日、2年目以降は年間20日)、病気休暇(3ヶ月以内、生活習慣病は6ヶ月以内)、介護休暇(6ヶ月以内)、特別休暇(結婚休暇7日以内、産前・産後休暇8週間、忌引休暇1日~10日、ボランティア休暇年間5日以内、育児時間1日2回各1時間、子の看護休暇年間5日以内、男性職員の育児参加休暇年間5日以内など)、育児休業(子どもが3歳になるまで)、育児短時間勤務(子どもが就学するまで)
福利厚生 地方公務員共済組合に加入、退職金制度あり
看護師寮 あり(単身者用の職員公舎、1K)
託児所 あり(24時間対応の院内保育所)

臨時看護師と臨時准看護師、非常勤のパート看護師が随時募集されています。看護師か准看護師の免許を持っていれば応募することができ、面接試験による選考となります。

病棟か外来において、3交替勤務か午前8時30分から午後5時15分の日勤帯だけで勤務することになります。時間帯については、相談することもできます。

給料は日給制で日額にして7,280円から12,880円となるほか特殊勤務手当や夜勤手当、超過勤務手当、通勤手当、年に2回のボーナスも支給されます。さらに年次有給休暇や各種特別休暇の対象にもなっていて、看護師宿舎を利用することも可能です。

非常勤の職員は夜勤専従として募集される場合が、多くなっています。勤務時間は午後4時30分から深夜1時15分、深夜0時30分から9時15分、午後4時30分から翌朝9時15分の間の15時間程度です。

時給については、986円から1,745円の間で決定されます。そのほかに、夜勤手当も支給されます。

岩手県立胆沢病院の教育制度

経年別とレベル別での到達目標が設定され、それを達成するための研修などが用意されます。個々が自己啓発すること、また看護師として自立することを目的としています。

基礎研修は新卒者と既卒者の新採用者を対象としていてそのほかに管理者研修や部署外交流研修、コース研修などが実施されています。レベル研修にはステップ1からステップ4までがあり、ステップ1の後にはプリセプター研修をはさんでステップ2は卒3年と卒3年以外で分けられています。

中途採用者や長期休暇を取得して復職した看護師に対しても、独自の研修が行われています。新しい職場やブランクへもスムーズに対応すべく、十分な教育支援があります。

岩手県立胆沢病院の特徴

岩手県立胆沢病院は、1936年に医療産業組合の購買利用組合胆沢病院として開設されました。1950年に、岩手県立胆沢病院として発足しています。

総合病院として地域の健康を守るべく、役割を担っています。一般医療だけでなく、救急医療や高度・専門医療などにも注力しています。

内科、小児科、外科、整形外科、精神科などといった21の診療科が設けられています。そのほかに専門外来として膠原病外来、肝外来、禁煙外来、緩和ケア外来なども設置されています。