国民健康保険小松市民病院の基本求人情報

病院名 国民健康保険小松市民病院
住所 石川県小松市向本折町ホ60番地
病床数 344床
看護師数 273人
交通 JR小松駅から徒歩約20分
車通勤 要確認
カルテの種類 電子カルテ
給与 初任給四年卒198,300円、三年卒188,900円
賞与 年2回
手当 通勤手当(距離に応じて1ヶ月につき24,500円まで)、時間外勤務手当、夜間看護手当(準夜勤1回につき2,900円、深夜勤1回につき3,300円、全部深夜勤務1回につき6,800円)
勤務時間 外来は二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、救急外来午後4時30分から午前9時
病棟は三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分、全部深夜勤務午後4時30分から午前9時
休日・休暇 年次有給休暇、夏期休暇、結婚休暇、病気休暇、産前産後休暇、介護休暇など
福利厚生 共済組合、病院互助会など
看護師寮 要確認
託児所 あり(院内夜間保育所)

定期的な採用活動が実施されていて、看護師免許を取得しているか採用までに国家試験で合格する見込みとなっていれば応募することが可能です。

なおかつ年齢が40歳未満であって、病棟での交替勤務にも対応することができなければなりません。

申込書については、小松市の総合政策部人事育成課や小松駅前行政サービスセンターなどで交付されているほか市のホームページからダウンロードすることも可能です。

採用試験は課題式の論文試験と適性検査、口述試験から構成されていて合格すると1年間の有効期間がある採用候補者名簿に登載されます。

国民健康保険小松市民病院の教育制度

継続教育のシステム

基本的な知識や技術を身につけた上で、安全かつ気持ちのこもったケアを提供することができるようにしていきます。

無理なく着実にステップアップしていくことができるよう、クリニカルラダーが取り入れられています。

新人スタッフの教育

個別の担当プリセプターとともに教育責任者のほか教育担当者や実地指導も全体の指導にあたり、組織で育成していく体制が整えられています。

技術面だけでなく精神的な部分に対してもスムーズに現場へなじんでいくことができるように認定看護師、臨床心理士といったスタッフもフォローにあたっています。

国民健康保険小松市民病院の特徴

南加賀医療圏を診療圏としていて、急性期医療を担う中核病院として役割を果たしています。

地域ではそのほかにも災害拠点病院や感染症対策拠点病院など、さまざまなかたちで機能しています。

診療の基本線をがん医療と救急医療、生活習慣病に置いていて小児医療、急性期精神科医療などにも力を入れています。

5大がんをはじめとして地域全体で最良の医療を提供するために周辺の医療機関とも提携を強めていて、地域医療連携室を活用してのコーディネイトにも取り組んでいます。