市立芦別病院の基本求人情報

病院名 市立芦別病院
住所 北海道芦別市本町14番地
病床数 129床
看護師数 79人
交通 JR芦別駅で下車して空知交通キラキラバスに乗車し約3分の市立病院停留所で下車
車通勤 要確認
カルテの種類 紙カルテ
給与 初任給大卒209,800円、三年卒203,900円、二年卒198,300円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 扶養手当、通勤手当、住居手当、時間外勤務手当、寒冷地手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時、準夜勤午後4時30分から深夜1時、深夜勤深夜0時30分から午前9時
二交替制:日勤午前8時30分から午後5時、夜勤午後4時30分から午前9時
休日・休暇 四週八休制、年次有給休暇、病気休暇、特別休暇、介護休暇など
福利厚生 各種社会保険など
看護師寮 要確認
託児所 なし

正規職員の募集

採用枠は若干名ながら芦別市が随時の採用活動を実施していて、外来か病棟で二交替ないし三交替による勤務にあたります。

申し込みについては所定の試験申込書と学業成績証明書、看護師免許を持っていればコピーを事務局総務係へ郵送するか持参しなければなりません。

採用試験も随時で行われていて当日に課題が発表され60分間で取り組む作文のほか30題が出題され50分間のうちに解答する看護師適性検査、個別面接試験という構成になっています。

臨時職員の募集

市立病院臨時職員の登録者というかたちで募集が行われていて、スタッフの欠員が生じた場合などには登録者が採用されるというシステムです。

採用時には外来か病棟での勤務となり、勤務時間は原則として午前8時30分から午後5時ですが都合に合わせて相談することもできます。

給料は時給制で1,250円から1,598円の間に設定され、勤務状況などを鑑みて雇用期間が6ヶ月ごとに更新されていくためそれに応じての昇給もあり得ます。

市立芦別病院の教育制度

患者さんに対して気持ちのこもったケアを提供し、技術面でも科学的に裏付けられた実践を行うとともに医療事故も防ぐべく必要な知識を身につけていきます。

そのための第一歩となる新人教育プログラムは入職と同時にスタートし、基礎研修とローテーション研修で構成されている新人研修は部署へ配属される前に完了します。

現場へ出る前に技術的な基本が備わることで、落ち着いて実務へ臨むことができるようになっています。

市立芦別病院の特徴

町立芦別病院として1950年に開設され、1952年には火災を原因として全館が焼失するという事態になりましたが仮病院での診療は続けられました。

1953年に市制が施行されたことで現在の名称となり、すぐに全面的な改築工事も行われています。

ました。開設当時の診療科目は、内科、外科、皮膚泌尿器科、耳鼻咽喉科、産婦人科、放射線科で、病床は78でした。

地域自治体病院として芦別市全体を医療圏として救急医療から回復期医療、在宅医療へ至るまでの医療を担っています。

診療科については内科と外科のほか皮膚科や耳鼻咽喉科、産婦人科などの合計12科が設けられています。