市立加西病院の基本求人情報

病院名 市立加西病院
住所 兵庫県加西市北条町横尾1丁目13番地
病床数 266床
看護師数 219人
交通 北条鉄道北条町駅から市街地循環バスに乗車して加西病院停留所で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 290,000円から
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 扶養手当、住居手当、通勤手当、特殊勤務手当、時間外勤務手当、夜勤手当、期末勤勉手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時、深夜勤深夜0時15分から午前8時45分
休日・休暇 四週八休制で年間休日120日、年次有給休暇(20日)、夏季休暇(5日)、年末年始休暇(6日)など
福利厚生 各種社会保険、クラブ活動、院内旅行、親睦会など
看護師寮 あり(単身者向け)
託児所 あり(院内保育所「みつばち保育園」で生後54日目から5歳までを対象に土曜日と日曜日、祝祭日のほか早朝夜間保育にも対応)

正規職員の採用

年度ごとに10人程度の新人スタッフが募集されていて、看護師免許を持っているか採用される年度で取得する見込みになっていれば応募することが可能です。

そのほか採用人数は若干名ながら随時募集も進められていて、いずれについても小論文と面接による選考が行われています。

非正規職員の採用

人員の不足が起こった際にはその都度で臨時職員が募集されていて、随時の受け付けが行われています。

採用される人数は若干名となり、給料は時給制となっていてキャリアも鑑みた上で1,260円からの金額に設定されます。

市立加西病院の教育制度

新人教育について

採用されてから10日間は集合教育による新卒者研修が行われ、それから1年にわたってプリセプターシップのもとで4年以上のキャリアを持つスタッフがプリセプターとして新人の指導にあたります。

中途入職者へ向けても中途採用者研修が実施されていて、それまでに経験のなかった技術や知識を学ぶことのできる採用者オリエンテーションがあります。

継続教育について

スタッフそれぞれについて適切なキャリア開発が行われていくよう、個別のキャリアに合致したサポート体制が用意されています。

そのために、キャリア開発ラダーに沿うかたちでの年間教育スケジュールが組まれています。

ラダーレベル1からスタートしてやがては管理やジェネラリスト、スペシャリストなどといった領域を目指していきます。

市立加西病院の特徴

1953年に開設された北条町富田村組合立国保北条病院が前身となっていて、1967年に北条町と加西町泉町が合併した後の新築移転工事を経て1974年に現在の名称となって開院しています。

人間ドックや診療科の充実が進められた上で、1985年になって総合病院として承認を受けています。

医療の提供にあたってはチーム医療が推進されていて、スタッフそれぞれが得意とする専門分野を活かしての緩和ケアチームや栄養サポートチーム、感染制御チームなどが構成されています。