山鹿市民医療センターの基本求人情報

病院名 山鹿市民医療センター
住所 熊本県山鹿市山鹿511番地
病床数 201床
看護師数 147人
交通 JR熊本駅からバスに乗車して80分の山鹿市民医療センター前停留所で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 初任給153,300円から198,300円
賞与 年2回
手当 住宅手当(27,000円まで)、 夜勤手当(10,000円)など
勤務時間 三交替制・二交替制
休日・休暇 四週八休制で年間休日121日、年末年始休暇、夏季休暇(3日)、婚姻休暇(5日)など
福利厚生 各種社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)など
看護師寮 あり
託児所 あり(平日の午前7時から午後7時に対応していて、土曜日は事前申請制)

山鹿市民医療センターの看護師中途採用実績

人員の必要に合わせてその都度で臨時スタッフを募集する求人が出されていて、60歳未満という年齢制限が設けられています。

申し込みにあたってはA3版かA4版2枚の用紙に自筆した履歴書と看護師免許のコピーが必要であり、経営管理課の職員係宛に簡易書留で郵送するか持参します。

選考は随時の面接試験によって行われていて、1週間程度のうちに合否の通知が郵送によって届きます。

合格した場合の採用日も随時となっていて、勤務時間は1週間につき32時間という範囲で相談することが可能です。

山鹿市民医療センターの教育制度

専門職業人として持っている力を最大限に発揮して、患者さんを第一に考えてのケアを提供するためのスタッフ教育が行われています。

現場において臨機応変に対応することができるよう専門的な知識、技術を向上させるべく取り組んでいます。

新人はもちろん中途採用者に対する教育にも力を入れていて、どのような状況で入職しても不安なく仕事をすることができるようなサポートがあります。

さらに継続教育としてのラダー教育、キャリアアップしていくためのリーダー教育や管理者教育なども充実しています。

山鹿市民医療センターの特徴

山鹿町国民健康保険組合診療所として1948年に開設され、2011年に現在の名称へと変更がなされています。

急性期病院として機能しながら、2010年には地域医療支援病院の名称使用についても承認を受けました。

熊本県内に立地している自治体病院では緩和ケア病棟を運用している唯一の医療機関であり、2012年に熊本県指定がん診療連携拠点病院としての指定を受けています。

在宅復帰へ向けての取り組みに注力されている中で、在宅復帰が果たされてからのサポートを強化することについても視野に入れられています。