県民健康プラザ鹿屋医療センターの基本求人情報

病院名 県民健康プラザ鹿屋医療センター
住所 鹿児島県鹿屋市札元1丁目8-8
病床数 150床
看護師数 要確認
交通 バスに乗車して県民健康プラザ前停留所で下車
車通勤 要確認
カルテの種類 電子カルテ
給与 初任給三年卒191,300円
賞与 年2回
手当 扶養手当、住居手当、通勤手当、勤勉手当など
勤務時間 交替制
休日・休暇 年次有給休暇など
福利厚生 各種社会保険、短時間勤務制度など
看護師寮 あり(民間借り上げによる宿舎)
託児所 あり(院内保育所)

鹿児島県の県立病院局によって採用活動が実施されていて、職員採用試験を受験する必要があります。

応募条件としては35歳以下という年齢制限が設けられていて、看護師免許を取得しているか取得する見込みになっていなければなりません。

試験内容については第一次試験で適性検査と教養試験のほか作文試験、専門試験が実施され通過すると第二次試験として面接による口述試験と身体検査が行われます。

県民健康プラザ鹿屋医療センターの教育制度

新人教育について

新人看護職員卒後研修ガイドラインにもとづいての教育が行われて、まずは一人の職業人として自立することが目標となります。

職場へのスムーズな適応をフォローするためにプリセプターシップが採用されていて知識や技術、態度も含めて計画的にステップアップしていきます。

継続教育について

クリニカルラダーが取り入れられていて、各人が段階的かつ継続的な教育を受けることのできる体制が整えられています。

職場で一人一人が向かうべきものとして設定した目標を達成するための管理にあたるほか、年間を通じての計画的な院内研修が実施されていることに加えて必要に応じて院外での研修へ参加するようにも支援しています。

県民健康プラザ鹿屋医療センターの特徴

1916年に鹿屋町立鹿屋病院として開設されて1949年に県へと移管された後、2001年になって現在の名称へ変更されています。

大隅地域を医療圏としてがん診療連携拠点病院や災害拠点病院などとしての役割を担っていて、地元で診療にあたっている医療機関と連携しながらその中核となって機能しています。

また2006年には地域医療支援病院、開放型病院としても承認を受けていて高度医療や二次救急医療に対応しています。

地域医療の中ではかかりつけ医を受診することでの健康管理を基本として、詳細な検査や高度な治療が必要であるとなった場合に適切な対応をするという流れが確立されるように取り組んでいます。