三沢市立三沢病院の基本求人情報

病院名 三沢市立三沢病院
住所 青森県三沢市大字三沢字堀口164番地65号
病床数 220床
看護師数 165人
交通 青い森鉄道三沢駅から車で約15分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 182,900円から233,700円
賞与 年2回
手当 時間外勤務手当、夜間勤務手当、夜間看護手当、通勤手当、住居手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時15分から午後5時、準夜勤午後4時15分から深夜1時、深夜勤深夜1時15分から午前9時
休日・休暇 週休二日制、有給休暇(20日)、特別休暇、年末年始休暇(12月29日から1月3日)
福利厚生 各種社会保険など
看護師寮 要確認
託児所 あり(就学前までを対象に24時間365日体制での対応)

正規職員の採用

三沢市職員としての身分になり、三沢市職員採用試験を受験して合格することによって勤務することができます。

年次で複数回の募集が出されていて、応募にあたっては45歳未満という年齢制限が設けられています。

非正規職員の採用

直接の採用活動が行われていて、事務局管理課の庶務会計係が問い合わせなどの対応先となっています。

実務経験の有無は問わず応募が受け付けられていて、面接による選考を経て契約社員として雇用されます。

三沢市立三沢病院の教育制度

スタッフ教育の方針としては、その時々のニーズに応えベストなケアを提供することのできる人材育成ということが掲げられています。

そのために必要な実践力をつけていくことはもちろんですが、各自が自ら学んでいこうという意欲のもとで人間性や感性を磨くことも求められています。

具体的には新人職員に対してプリセプター制などを通じてのサポートが行われているほか、継続教育のシステムとしてクリニカルラダーシステムが導入されています。

新卒者が該当するレベル1からスタートし、成長のスピードに合わせてレベル4までの段階に合わせた教育支援が用意されています。

三沢市立三沢病院の特徴

歴史をさかのぼると1935年に開設された上北病院古間木診療所に行き着き、1950年に建設された青森県厚生連三本木病院付属大三沢分院を前身として1958年に三沢市へ移管されたことで発足しました。

医療圏は青森県の二次医療圏に属する上十三地域であり、交通の面などには恵まれていない状況のもとで地域完結型の医療に取り組んでいます。

がん診療や循環器疾患の治療、脳血管疾患への対応などに力を入れてきたことが評価され、2007年には地域がん診療連携拠点病院としての指定も受けています。