市立川西病院の基本求人情報

病院名 市立川西病院
住所 兵庫県川西市東畦野5-21-1
病床数 250床
看護師数 要確認
交通 能勢電鉄山下駅から徒歩約15分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 206,000円から
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 通勤手当、住居手当、時間外勤務手当、期末手当、勤勉手当、扶養手当、地域手当、夜間勤務手当、夜間看護手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時、準夜勤午後4時20分から深夜0時50分、深夜勤深夜0時30分から午前9時
休日・休暇 四週八休制、年次有給休暇、年末年始休暇、病気休暇、介護休暇、育児休暇、産前産後休暇、服喪休暇、結婚休暇、特別休暇など
福利厚生 兵庫県市町村職員共済組合、兵庫県市町村職員退職金給付制度、職員旅行など
看護師寮 あり(寮費月額5,000円で水道代は無料)
託児所 あり(りんどう保育園)

年度ごとに採用活動が行われていて、45歳未満であって看護師免許を持っているか取得する見込みになっていることが応募条件です。

毎年5月から10月にかけて1ヶ月につき1回の採用試験が実施されていて、60分間の作文試験と個別面接によって合否が決定されます。

さらに、臨時職員としてアルバイトのスタッフが募集されていて、配属先によって勤務時間は異なります。

給料は時給制になっていて外来であれば午前8時30分から午後4時45分の勤務で日額にして10,670円、病棟では三交替勤務のいずれかの時間帯で日勤帯の11,000円以上になります。

市立川西病院の教育制度

新人教育について

新人研修プログラムが整備されていて、院内での医療安全管理体制に関する理解といったところから卒後教育がスタートします。

注射や与薬などを学ぶ実践研修のほか電子カルテの使い方、コミュニケーションにマナーといった社会人として必要な資質を身につける研修も行われています。

現任教育について

専門的な知識や技術をもとにして多様なニーズへ応えるジェネラリストの育成に力が入れられていて、各種の問題を解決しながら患者さんのQOLを高めていきます。

スタッフ各自の能力を伸ばすためのサポートも積極的に行われていて、院外で開催されている学会や研修にも参加することができるようにしています。

市立川西病院の特徴

川西町立診療所として1942年に開設され、1954年に市制が施行された際に現在の名称となりました。

救命救急医療や小児産科医療に力を入れていて一般診療、高度医療のそれぞれに対応しています。

積極的に新しい医療機器も取り入れていて、さまざまな疾患を早いタイミングで見つけるべく予防医学にも取り組んでいます。