国民健康保険川崎病院の基本求人情報

病院名 国民健康保険川崎病院
住所 宮城県柴田郡川崎町大字前川字北原23番地の1
病床数 58床
看護師数 28人
交通 JR葛岡駅から徒歩約27分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給180,500円から188,900円
賞与 年2回(4.15ヶ月分)
手当 夜間看護業務従事手当(深夜勤務4時間以上で3,300円、2時間以上4時間未満で2,900円、2時間未満で2,000円)、夜間勤務手当、宿日直手当(6,000円)、管理職手当、時間外勤務手当、通勤手当(1ヶ月につき55,000円まで)、扶養手当、住居手当(27,000円まで)、休日勤務手当、寒冷地手当など
勤務時間 交替制
休日・休暇 週休二日制、年次有給休暇(20日)、年末年始休暇、結婚休暇、夏季休暇、産前産後休暇、介護休暇、忌引休暇など
福利厚生 宮城県市町村職員共済組合、保養所、退職金制度など
看護師寮 なし
託児所 なし

欠員の状況を鑑みながら随時の職員募集が行われているものの、公開求人として情報が出されるケースはそれほどありません。

人員の補充が必要とされるようなときには、総じて宮城県川崎町のホームページで募集に関する情報が掲載されています。

不定期で臨時職員の募集なども行われていて、病棟への配属となれば交替制による勤務となりますが外来勤務であれば通常は日勤帯だけの勤務です。

外来診療は月曜日から金曜日の平日だけで行われていますから、週末が休日となり働きやすくなっています。

国民健康保険川崎病院の教育制度

患者さんそれぞれから求められているものに合わせたケアを提供するために必要なものを習得することができるよう、独自に教育プログラムがつくられれています。

患者さんの多くは高齢者であるため、高齢者医療にかかわるスキルを高めていきやすい環境があります。

時代とともに需要が高まってきている緩和ケアの領域については、重点的に専門性を高めるための研修などが行われています。

スタッフ教育の中心は現任教育が中心となっていて、自己学習を通じてのスキルアップを志すような向上心が高いスタッフに対しては院外で実施されている研修への参加などをサポートしています。

国民健康保険川崎病院の特徴

その前身は国民健康保険の直営診療所として1955年に開設されていて、現在は市立の総合病院として役割を果たしています。

地域からのニーズに応える医療に加えて保健、福祉も通じて一体となっての包括的なサービスが行われています。

診療科としては内科や外科に加えて歯科などが設置されていて、常勤のスタッフだけでなく東北大学病院などからも非常勤の医師が招かれています。

地域においては中核病院として位置づけられていて、川崎町内ではただ一軒の救急病院としての指定されています。