市立大森病院の基本求人情報

病院名 市立大森病院
住所 秋田県横手市大森町字菅生田245番地205
病床数 150床
看護師数 74人
交通 JR横手駅かJR大曲駅からバスに乗車して約40分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 初任給四大卒198,300円、三年卒188,900円、二年卒180,500円
賞与 年2回
手当 扶養手当、地域手当、住居手当、通勤手当(1ヶ月につき55,000円まで)、単身赴任手当、特殊勤務手当、時間外勤務手当、休日勤務手当、夜間勤務手当、宿日直手当、勤勉手当、寒冷地手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時30分から午前9時
休日・休暇 四週八休制
福利厚生 各種社会保険、財形貯蓄など
看護師寮 なし
託児所 あり

常勤スタッフの採用

常勤のスタッフは年度ごとに募集されていて、採用人数は若干名とされているケースが一般的です。

応募するにあたっては40歳未満という年齢制限が設けられていて、問題なく通勤することのできる地域に住んでいることも条件となります。

横手市職員採用試験を受験する必要があり試験の内容は基礎テストと論文、面接によって構成されています。

臨時スタッフの採用

臨時職員の募集が随時で行われていて、応募するにあたって年齢や性別はまったく問われません。

応募する際にはあらかじめ電話で問い合わせをした上で、履歴書と免許書のコピーを提出します。

市立大森病院の教育制度

新人教育はプリセプター制度が採用されていて、先輩による指導のもと早期のうちに現場へなじむことができます。

新人看護研修でもスタッフとしての姿勢から採血や救急処置、電子カルテの操作に至るまでさまざまな内容が用意されています。

継続教育も充実しており、患者さんにとって安心することができ、個別性があって安全なケアを提供することができるようスタッフの育成が行われています。

研修を通じ、柔軟性のあるケアが可能となるように必要な知識や技術を身につけていきます。

市立大森病院の特徴

町立大森病院として1959年に開設された後、2005年になって現在の名称へと改称されています。

救急告知病院などの認定を受けていて、全国自治体病院解説者業議会・全国自治体病院協議会による優良病院としての表彰も受けています。

通常の受付時間は午前6時から午前11時30分までなのですが、それと別に1997年から「夕暮れ診療」がスタートしました。

診察時間内では都合がつかない場合に対応すべく、平日の午後5時から午後7時にかけて内科での診察に応じています。