市立大町総合病院の基本求人情報

病院名 市立大町総合病院
住所 長野県大町市大町3130
病床数 284床
看護師数 155人
交通 JR信濃大町駅から徒歩約5分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給180,500円から
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 夜勤手当、扶養手当、住宅手当、通勤手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時30分から午前9時15分
休日・休暇 年間休日124日、年次有給休暇(20日)、夏期休暇(5日)、慶弔休暇など
福利厚生 各種社会保険など
看護師寮 あり(ワンルームで寮費は月額30,000円から40,000円)
託児所 あり(付属託児所「きらり」で0歳から就学前を対象に午前8時から午後6時30分まで対応し延長保育もあり)

正規職員の募集

年度ごとに職員採用試験が実施されていますが、採用人数については若干名となっています。

応募にあたっては50歳未満という年齢制限が定められていて、看護師免許を持っているか採用までに取得する見込みでなければなりません。

1時間をかけて行われる作文試験、個別面接試験となる15分ほどの口述試験で採用を決定しています。

臨時職員の募集

人員補充の必要に合わせ、不定期で臨時職員として若干名のスタッフ募集が行われています。

多様な状況にあっても働くことができるよう、キャリアにブランクがあっても子育て中であっても働きやすい環境を整えています。

市立大町総合病院の教育制度

質が高く安全なケアを提供することのできるスタッフを育成すべく、教育に力が入れられています。

現場では固定チームナーシングを通じ、集団で活動しながらチームごとに掲げられている年間目標の達成へ向けて多くの学びが得られていきます。

新人教育はベテランのスタッフが担当していて、業務上での不明点はチームの先輩に相談することができます。

6ヶ月程度が経過してから夜勤へ入るなど、新入職員は1年の期間をかけて着実な成長へ向かっていきます。

市立大町総合病院の特徴

1927年に開設された大町町営病院が前身となっていて、1971年に完成した新病院へと移転しています。

1969年に救急病院としての指定を受け1997年には災害拠点病院、地域災害医療センターとなりました。

高齢者の割合が高い地元において、急性期医療から退院までをサポートしながら在宅医療の充実にも取り組んでいます。

地域に密着した医療機関として医療はもちろん介護や予防、生活支援までに対応することを目指しています。